FC2ブログ

カレンダー 

こんにちは、売店の渡邊です。
急に寒くなり体調を崩していませんか?
皆さん、体調管理には十分、気をつけましょうね。

売店からお知らせです。
2020年(令和2年)オリジナルカレンダー販売開始のお知らせです!!
4種類のカレンダーを紹介します。
①アカアシモリフクロウ
IMG_6599.jpg

②コガネメキシコインコ
IMG_6598.jpg

③アメリカワシミミズク
IMG_6597.jpg

④メンフクロウ
IMG_6596.jpg

1部  ¥300 (数量限定)
売店で販売しています。

お気に入りのカレンダーがありましたら
早めのお買い求めを…


なんの卵? 

台風19号被災の皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い再建をお祈りいたします。


それでは、こちらの画像をご覧下さい。
たまご

何の卵かわかりますか?
なんとホロホロ鳥の卵です。

ほかの卵と比べるとこの通り!
卵
驚きの小ささです!

気になるところは味ですが、調べてみると、臭みは無く、黄身が濃厚とのこと!
たまご2

しかし今回は、食べたい気持ちを抑えて孵化器に入れて産まれてくるのを心待ちにしたいと思います。

バードスタッフ 加藤

植物の様子 

おはようございます。
朝霧高原は秋も深まり
寒さがましてきました。

お出かけの際は温かい服装で
お越しください。

20191016040337117.jpg

植物のトンネル

長さ3mにもなる植物
の中を歩いてみましょう。


20191016040404371.jpg

園内、ハロウィンに向けて 装飾中です。

ハロウィンまであとわすが
仮装をしたお客様もふえはじめています。

2019101604041851b.jpg

カラー

手のひらで比べて見てください。
園内には手のひらより大きなお花が
いくつもあります。

20191016040446a3b.jpg

カンパニュラアルペンブルー

園内では多種のお花が次々と咲いています。

20191016040457533.jpg

ニューギニアインパチェンス

20191016040520b39.jpg

ゼラニウム モミジバ

スタッフ 遠藤

ショーデビューです!! 

皆さん、こんにちは。バードスタッフの三村です。

ここ最近は、台風や朝晩は寒く日中は暑いと異常な天気ですが、皆様、体調はいかがですか?

さて、今日のブログはタイトル通り「ショーデビュー」したあの子です!!


IMG_8809_20191010145847d79.jpg
写真提供:チャーリーさん

今回、紹介するのはこのフクロウです。
「メンフクロウ」のブランちゃんです。

この度、10月より10時30分のショーに出演しています。

IMG_1507_20191010145846ed5.jpg
写真提供:チャーリーさん

IMG_1502_20191010145846198.jpg
写真提供:チャーリーさん

IMG_2406.jpg
写真提供:チャーリーさん

小型のフクロウなので、迫力満点とはいきませんが、お客様の近くを飛ばしたり、間近で写真を撮る事が出来ます。
まだまだ、若輩者で、失敗も多いですが皆さん、温かく見守って下さい!!


ブランちゃんのショーが見たいお客様は、10時30分温室内ショー会場に集合して下さい!!

フクシアの花のプチ疑問 

こんにちは^^

新人栽培スタッフの本田です。

 

本日はずっと気になっていたプチ疑問… 

フクシアの一部の品種で、一つの株に色が違う花が咲いているのはなぜだろう?

をちょっと調べてみました。


実際の様子(10月6日撮影)


シエラ・ブルーshou

フクシア: シエラ・ブルー


トシコ・カモshou
フクシア: トシコ・カモ

一つの株、同じ枝先についているのに、別の色が咲いている不思議…。


先輩スタッフに聞いたり、調べたりしてみた所、

初めからそれぞれの色で咲いている訳ではなく、咲き始めは青紫色っぽく、咲き終わりになると赤紫色っぽく花が変化しているとのこと・・・!!

それで、一つの株に色が違う花が鑑賞できる状態になるわけですね。

ちなみに、フクシアの一つの花は、咲き始めてからだいたい一週間ぐらいで咲き終わるので、たったの一週間で色が変化しているということですね 


そして、そもそもなぜ色の変化が起こるのか、ということも調べてみましたが…

結論からいうと、はっきりしたことは分かりませんでした…!


調べて分かったんですが、フクシアについて詳しく書かれた和書はなんと1冊のみ!
こちらはフクシアの栽培方法が中心の内容でしたので、残念ながら、“なぜ花の色が変化するのか”は書かれておらず…。

ただ、はっきりとは分かりませんが、植物が作る天然の色素、アントシアニンが関わっているだろう、とのこと。(アントシアニンは、紫外線からダメージを防いだり、ウイルスを予防したりする効果がある色素)


たとえば、花の色の変化で有名なスイフヨウは、咲き始めは白色、夕方しぼむ頃にはピンク色に変わります。
81fe1cbf8a933a560487ac51922f3a44_s.jpg7c84962062f78a1ba1264a50e0ed900f_s.jpg

※富士花鳥園にはスイフヨウはございません


こちらは、時間の経過と共に花弁の中のアントシアニンが増えるから起きる現象らしいです。

フクシアもおそらくこのアントシアニンが関わっているだろうと思われます。
どなたか研究されていたりしないかな…。


別名「女王様の耳飾り」と呼ばれるフクシア、色彩の豊かさの理由を一つ、改めて知ることができ、ますます好きになりました^^

当園にいらっしゃった際は、2色で咲いているフクシアを見つけてぜひ楽しんでくださいね♪


本田