新年へ向けて 

こんにちは。バードスタッフの宮本です。今日で酉年が終了し、明日からは戌年が始まります。あっと言う間の一年でした。皆様は一年を振り返り、どのような出来事を思い出すのでしょうか。

富士花鳥園もお正月バージョンに様変わりしています。
鏡餅が飾られています。
IMG_0659.jpg

記念写真スポット、有ります。
IMG_0661_20171229150307d7f.jpg

鳥達の背景、おめでたくなってます。
IMG_0651_20171229150311068.jpg
IMG_0655.jpg

酉年最期の今日、鳥達は何を思うのでしょうか。哀愁が漂っている様に見え無くもないです。
IMG_0649_20171229150312541.jpg

鳥さん達、一年間お疲れ様でした。来年も宜しくお願い致します。
富士花鳥園は年中無休です。1月1日から営業していますので、是非遊びに来て下さい。
IMG_0656_20171229150309cd3.jpg
ハリスホークのムックちゃんから最後に一言お願いします。
「良いお年を!」

2017年 酉年ファイナル 

今年も残すところ半月あまりとなりました。

本年は12年に一度の酉年であり、花と鳥のテーマパークである当園も各メディアに注目していただき、昨年よりも多くのお客様に足をお運びいただきました。
元旦からは、冬季限定で酉年生まれのお客様を対象にした入園無料のキャンペーンを行いましたが、引き続き最後まで盛り上げようと、12月1日から31日までの間で再開催しています。

酉年生まれの皆様、この機会をどうぞご利用ください。

酉年入園無料ポスター小泉

ご利用に際しましては、入園時に生年月日が分かる身分証のご提示をお願いします。
身分証をご提示いただけない場合には、無料入園が適用されませんので、お忘れの無いようお願い申し上げます。
(入園後の払い戻しはできません)

酉年 
1921年 大正10年 生まれ
1933年 昭和 8年 生まれ
1945年 昭和20年 生まれ
1957年 昭和32年 生まれ
1969年 昭和44年 生まれ
1981年 昭和56年 生まれ
1993年 平成 5年 生まれ
2005年 平成17年 生まれ



最近の様子としましては、クリスマスシーズンに合わせ、富士花鳥園らしい手作りの装飾を施しております。
ここで少し、スタッフの力作をご紹介させていただきます。

IMG_6778d.jpg
【小枝のクリスマスツリー】
林地で拾い集めた枝をカットし、穴をあけてシュロ縄で結んでいます。枝の太さやクセをそのまま生かし、バランスよく仕立てています。

IMG_6749b.jpg
壁面を利用しますので、スペースの活用が広がりました。

IMG_6717c.jpg
クラフトバンドの雪だるまもお手製です。
自然的な素材と手作り感、電球色のLEDが温かみを与えてくれます。

IMG_6885a.jpg


今回をもちまして、今年担当する最後の記事となりました。
本年も格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

皆様におかれましては、素敵なクリスマスと良い年をお迎えになれますようお祈りいたします。

2018年も富士花鳥園を宜しくお願い申し上げます。  

富士花鳥園 : 園長 星野

最近の様子 

こんにちは。スタッフの林です。

温室内の最近の様子をご紹介します。
01.jpg
温室の自動ドアを抜けたすぐ先では、「ベゴニア富士山」を観賞することができます。

「ベゴニア富士山」の右手には、「花の池」があります。
02.jpg
「花の池」には、様々な草花が鬱蒼と生い茂っています。

04.jpg
池の奥側では、ハロウィンの飾りを見つけました。

温室内には、様々なハンギングを展示してある「花の下のレストラン」があります。
06.jpg
09.jpg
こちらでは、富士宮やきそばや、朝霧牛乳ソフトクリーム、朝霧牛乳などを販売しております。

05.jpg
先日、再建工事をおこなっていたひな壇も完成し、再びフクシアの展示がされています。

11.jpg
皆様のご来園、お待ちしております。

展示植物管理 

おはようございます。

今年は8月頃からの日照不足で
野菜の高騰が騒がれる中
園内の植物への影響も例外ではなく
良い状態を維持しようと日々植物と向き合って
います。

DSC_0080.jpg
※ 頭上の植物の入替え作業

頭上には2000鉢以上の鉢から垂れ下がる植物が飾られていますが
見頃を終えた植物と栽培場で育てた状態の良い植物の交換を常に行っています。

DSC_0070.jpg

DSC_0079.jpg





展示場の東側(ペンギンプール付近)では現在、フクシアが飾られていた
ひな壇をリフォーム中です。


DSC_0007.jpg

スタッフさんのご協力のもと

DSC_0034.jpg

ついに上段が完成。
フクシアを飾り始めました。

DSC_0066.jpg

近日、ひな壇も完成する予定で
たくさんのフクシアが飾られる予定です。


スタッフ 遠藤

東屋が出来ます 

皆様こんにちは、園長の星野です。

最近では、曇天時の日中温度(外気温)が23~25℃と涼しい日があり、暑さに弱い球根ベゴニアには幸いですが、これからの残暑には気が抜けません。

今日は、完成間近な東屋の紹介と、その様子をお伝えします。

IMG_5961_R.jpg
屋外を周遊するコースは長く、林間の斜面を抜けた先には日陰の休憩スペースがないので、その途中に東屋を作ることにしました。

IMG_5965_R.jpg
建設している場所は、クリンソウ拡張用地の南側です。

IMG_5998_R.jpg
小さな建物なので、見る見るうちに進んでいきます。
垂木も付いて建物らしくなってきました。壁がないので、方杖、火打ちを入れて補強します。

IMG_6002_R.jpg
中から見るとこんな感じです。

IMG_6005_R.jpg
軒先の先端には鼻隠しを付けました。耐風性を高めたり、雨水の進入を防ぐ役割もあるそうですが、化粧性の向上だけを目的にしました。

IMG_6009_R.jpg
2014年の大雪による雪害以降、復旧や修繕に追われましたが、既存施設の改修が進み出し、お陰様で新しいことが出来るようになってきました。