フクシア 

皆さん。おはようございます。
今回は富士花鳥園の代表植物の一つ、フクシア
の話題です。

フクシアをご購入して育てているお客様に
よくご質問をいただく事柄の一つ。

夏時期になるとどうしても花や葉が枯れ落ちてしまって
ダメにしてしまう。
どうしてこんなにきれいに咲かせられるの?
というお話しを頂きます。

DSC_0192.jpg

当園ではできるだけ植物の育つ環境を保つように
勤めていますが、実際には同じように花や葉が枯れ落ちます。
お客様がご覧になる展示植物は展示として見劣りしてしまう
状態になる前に栽培場で育てている植物と入替をしています。


という事で栽培場で養生中のフクシアの状態がこちらです。↓
植物に適した環境になるように勤めていますが 
すべての株が思うように綺麗に育つことはありません。

DSC_0193.jpg

花や葉が枯れ落ちる原因はさまざまな事柄が考えられますが、
この状態から、やはりもうダメになってしまったとあきらめる
お客様もいらっしゃると思います。

DSC_0197.jpg

しかし時がすぎていくと枯れたような枝からニョキニョキと
元気な芽が育ってきます。

DSC_0199.jpg

花や葉が枯れ落ちてしまっても枝は生きているので
また数多くの芽を出して綺麗な株姿に成長していきます。

栽培 遠藤



フクロウ売店からのお知らせ フクロウ売店ではバースデーカードを販売中!! ココアちゃんからバースデーカードが届きます!お申込み随時受付中です♪ 詳しくはこちらをご覧ください!

フクシアの販売再開 

花売店よりお知らせです。

フクシアファンの皆さま、お待たせ致しました。
2月の雪害よりお休みさせていただいていたフクシアの販売を、本日より再開しました!!
4号鉢、1000円~1300円、店頭のみの販売となっております。

fukusia.jpg
fuku.jpg
別名「女王様の耳飾」

ご来店、お待ちしております^^

フジ・サン 

 こんにちは。植物スタッフの石田です。

前回のブログで「フジ・サン」と言う名前のフクシアを少しだけご紹介しましたが、只今展示スペースにて展示しております!


IMG_2193_20130729200927.jpg
 どこにあるのかというと・・・花売店の横にある、フクシアで彩られている雛壇の中にあります。


IMG_2187_20130729200916.jpg
 今は枝の先の方が花付きが良く、オレンジ色の花をいくつも咲かせてくれています。

IMG_2175.jpg
 花はシンプルな一重咲きで、花弁のオレンジ色が鮮やかで綺麗です!1つの花の中にオレンジ・ピンク・ホワイト・淡い黄緑色などたくさんの色が入っているので小さな花ながらも目立ちます。

IMG_2185.jpg
 これは下から撮影した写真ですが、下から撮影すると「がく」の部分の白色が写りこんで優しい印象になります。

IMG_2182.jpg
 蕾は南国の花を思わせるような元気な色合いで、開花するとオレンジ色も合わさって今の季節にぴったりの色合いです!






~夏休みイベントのお知らせ~

イベント名:フクロウスタッフの研修生になろう!
日時:8/3、10、17、24、31 毎週土曜日
    午前11:50~午後13:30
対象:小学生以上
料金:お一人様 1500円
定員:3~10名
内容:①バックヤード見学
   ②エサ切り体験
   ③エサやり体験
   ④掃除体験

詳しくはこちらをご覧ください!



~毎月開催イベントのお知らせ@花売店~

♪球根ベゴニアセール(毎月10日開催)
♪カーパスセール(毎月20日開催)
♪フクシアセール(毎月29日開催)

詳しくはこちらのブログをご覧下さいませ(^^ノシ



~フクロウ売店からのお知らせ~

フクロウ売店ではウェブショップにてオリジナルてぬぐい・バースデーカードを販売中!!
完全オリジナルデザインとなっております♪
詳しい内容はこちらをチェック!
ココアちゃんからバースデーカードが届きます!お申込み随時受付中です♪
詳しくはこちらをご覧ください!!

フクシアの原種 

こんにちは。植物スタッフの林です。
今日はフクシアの原種の一つ、F.fulgens (フクシア・フルゲンス)を紹介します。
IMG_3780.jpg
フクシアはアカバナ科の植物で、原種は中南米からニュージーランドにかけて分布し、100種類以上あります。
IMG_3768.jpg
フルゲンスの特徴は、萼筒(がくとう)と呼ばれる筒状の部分が長く、枝先で房状に花が咲く性質があります。
IMG_3751_20121119135445.jpg
葉はフクシアの中でも最も大きな楕円形で、根には塊根(かいこん)と呼ばれるサツマイモのような塊を作るんだそうです。

さて、色んな特徴を持つこのフルゲンスですが、さらに他のフクシアには無い、実が香ると言う特徴もあります。
↓花が落ちると、その付け根部分が実になります。
3769-3777.jpg
花付きが悪くなるので手入れをする時になるべく実を取ってしまうのですが、探してみると実が幾つかあり、青リンゴのような甘い香りがしました。

フルゲンスの実は、他のフクシアのような濃い黒紫色にはならないようで、まだ緑色の残る実を指で押さえてみると軟らかく、簡単に潰れてしまいました。
3766-3765.jpg
リンゴのような甘い香りに誘われて試しに実を舐めてみると・・・『す、酸っぱい(>_<)!!』
まだ熟しきっていなかったようで、とても酸っぱかったです!

富士花鳥園に展示してあるフクシアには薬剤を散布してあるので、実は食べずに香りだけを楽しんで下さいネd(^-^;;

フクシアの手入れ 

 こんにちは。植物スタッフの石田です。

 今回は、フクシアの手入れの様子をご紹介します。

P9200414.jpg
 今回綺麗にするのは、この通路の両側に展示してあるフクシアです。


P9200413.jpg
 年数の経っている大株のものも、まだ若い小さな株のものも1鉢1鉢丁寧に扱っています。その様子を、もっと詳しく見ていきましょう!


P9200415.jpg
 まずは花がら摘みです。咲き終わって茶色くなった花は、残念ながら飾っていてもあまり綺麗とは言えませんので、このような花は摘み取ってしまいます。これだけで見栄えの良さがぐっと上がります。


P92004211.jpg
 フクシアの場合、実よりも花をお客様に見ていただきたいので、花がらと一緒に、この「実」も摘み取ります。
  実を摘み取ると、実の方に注がれていた分の栄養が株全体に行き渡るので、花も大きく綺麗になります。 


P9200418.jpg
 土が乾いていないかどうかもチェックし、水分が足りていない場合は鉢底から水が出てくるくらい、たっぷり水を上げます。


P9200422.jpg
 手入れをした後は枯れた葉や古くなった花、実が沢山落ちていますので、これらを全てかき集めて、花だけでなく床も綺麗にしたら終了です!


 フクシアを綺麗に見せる為・大きくする為に、鉢上げや支柱の立て直し、摘心など、他の手入れも行っていますが、花がらや実を摘んであげる事、水やり(水のあげすぎは禁物なので、土の乾き具合を見ながら水をあげて下さい)も大切な手入れの1つです。フクシアを育ててみたいとお考えの方、ささやかですが、参考にしてみて下さい。