FC2ブログ

シュガーバイン 

こんにちは!
栽培スタッフ本田です。

本日は富士花鳥園ハウス内で展示されている「シュガーバイン(Sugarvine)」をご紹介。
観葉植物として人気の種類です。

20191116_111824-1209x1612.jpg
シュガーバイン

こちらの名前、個人的にずっと「バ」→「パ」だと思っていました。
甘いパイナップル的な…

vine(ツタ)ということですね。

名前の通りつる性なので、当園ではハンギング仕立てにし、ハウスの天井より垂らしています。

20191116_111810-1209x1612.jpg

富士花鳥園がある朝霧高原は、この所グッと寒くなってきましたが、シュガーバインは元気いっぱい。
耐寒性があるとのことで、冬に入っても緑の葉がつやつやとしています。

また、今回ブログに掲載するにあたり、ネット上でも調べてみた所、"葉の裏に甘くて白い樹液が出る”という情報が。名前に「シュガー(砂糖)」が入っているのもこの特徴かららしいです。

これは確認せねば・・・!

と、シュガーバインの葉を早速ひっくり返してみました。


葉の裏↓
シュガーバイン 裏 jueki

それっぽい白い粒がありましたー!!
小さい粒が2粒あるのが皆さん見えますでしょうか。

さて、発見したからには、甘いかどうか食べてみなければ・・・!

(虫の卵にそっくりだなぁ…という心の声は押さえつけ、勇気を出して食べてみました)


結論。

甘い…気が、する・・・?

すみません、小さすぎてはっきりと甘さが分からず…

食感はカリっと。金平糖の感じでした。

当園にお越しの際は、ぜひシュガーパインの葉っぱをひっくり返してみてください♪樹液のかたまりを発見できるかもしれません。

ただ当園の展示植物は消毒しているので、樹液は食べない様にしてくださいね☆

満開! 

こんにちは!スタッフの津田です。


今日から6月。
気温もじわじわと上がり、いよいよ夏が迫ってきましたね!
それにあわせて当園の花たちも日に日に瑞々しさを増しています。


6月といえば梅雨。
梅雨の花として一番に思い浮かぶのはやはり「紫陽花」ではないでしょうか。


富士花鳥園の温室内では
数多くの紫陽花が可憐な花を咲かせ始めています。







033_2019053120232909e.jpg



035.jpg

042.jpg


044_20190531202356e8e.jpg

041.jpg



043.jpg

040_20190531202347298.jpg


036_20190531202333c48.jpg


当園では、姉妹園の加茂荘花鳥園で作られた品種「加茂セレクション」を中心に
たくさんの紫陽花を展示しています。

お花の栽培場の廊下は、圧巻の紫陽花回廊となっています。


また水鳥池やエミュー牧場周辺の園庭にも数多く紫陽花が植えられていますが
こちらが花を咲かせるのはもう少し先。
朝霧高原では平地よりひと月ほど遅れて紫陽花が咲き、8月ごろまで花が楽しめます。

ご来園の際は、ぜひ様々な種類の紫陽花をお楽しみください♪


園庭といえば、クリン草はまさに満開を迎えています。
031_20190531202327614.jpg
遅咲きの黄色が目立ち始め、これから一面黄色の花畑へとだんだん様変わりしていきます。
今、見頃のクリンソウも是非見に来てください!

園内で咲いている花 

おはようございます。

比較的涼しい気候の朝霧高原にある当園ですが
今年の夏の猛暑で、植物にも疲れが見られ
どうなる事かと心配でした。(ノД`)・゜・。

しかし なんとか乗り越えることができ 涼しい秋を迎えることが
できました。

DSC_0984.jpg

植物は元気に蕾の開花をくりかえしています。

DSC_0992.jpg
球根ベゴニア

球根ベゴニアの大輪咲きは お花屋さんでも見ることはなく 
珍しいこともあり、その花のインパクトに驚かれるお客様も
おおく見られます。

DSC_0993.jpg
ペチュニア

花の図鑑を見ながら園内に咲くお花をさがすお子様の姿を
見かけました。

一般的に知られている植物、お客様が育てた事のある植物もあるので 
なじみのある植物に お客様の間で、楽しい会話が生れています。

DSC_0994.jpg


DSC_0996.jpg

DSC_0997.jpg
ゼラニウム

ゼラニウムというとアロマオイルなどで知られているとは思いますが
心と体におこる様々な乱れを整える働きがあるようです。

たしかに香りをかぐとすがすがしい気持ちになります。
園内で見かけたら香りを試してみてください^^

DSC_1000.jpg
カンパニュラアルペンブルー

スタッフ 遠藤

フクシアと写真撮影 

おはようございます。

残暑がつづく朝霧では日中の温度は25℃を超え
汗ばむ陽気ではありますが、夜間は15℃以下になり
肌寒さを感じます。

DSC_0826.jpg

今年は猛暑が続き 比較的涼しい気候を好むフクシアの生育に影響がないか
心配でしたが 見事に育ってくれています。

DSC_0839.jpg

フクシア プレジデントマーガレットスレイ

DSC_0836.jpg

頭上に吊るしたフクシアは、長いもので2mを優に超える株に成長していて
子供も花に埋もれるように写真をとることができます。

DSC_0820_20180820195154c5e.jpg

フクシアは貴婦人の耳飾りともいわれていて顔を近づけて写真を撮ると
耳飾りをしているようにも見えますね^^

スタッフ 遠藤





お客様のご質問 

---------------------------------------------------
▼クラウドファンディング挑戦中▼ 6月30日23時まで
静岡県 富士花鳥園 南の鳥ふれあいエリア復活プロジェクト始動!
https://readyfor.jp/projects/minaminotori
---------------------------------------------------

おはようございます。

梅雨の時期。

山の天気は変わりやすいという言葉があるように
花鳥園のある朝霧では暑かったり 寒かったりと
気温の寒暖の波はありますが

花鳥園の植物は
綺麗な花を咲かせています。

DSC_0614_20180624203255260.jpg

園内にはざっと数えて5000株ほどの植物を展示しています。
その圧倒的な展示の風景にお客様は様々な
疑問を生むようで、私たちスタッフは日々ご質問を頂きます。
今回は『虫や病気はどうしているの?』
に触れてみたいと思います。

DSC_0610.jpg

当然のことながら何もしなければ病害虫が大量発生します。
そのような恐ろしい状態にならないように、動力噴霧器で
定期的に薬剤を散布しています。

DSC_0704.jpg

相手は5000株の植物
数が数だけに
4人で1時間30分ほどかけて600Ⅼほど散布を行ないます。

残念ながら病害虫は壊滅させることはできません。

病害虫が大量発生しないよう季節、病害虫の性質などを考慮し
定期的散布を行い、被害が拡大しないよう努めています。

またお客様からは、『特別な薬剤を散布しているの?企業秘密?』
とご質問を頂くことがありますが、全く特別でも 企業秘密でもありません。
ホームセンター、ネットショッピングなどで購入できる一般的な薬剤を
使用しています。

DSC_0698.jpg

スタッフ 遠藤 

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

QRコード

QR