イチゴちゃんとポンちゃんの抱卵 

こんにちは、バードスタッフの山下です。

今日は、七夕の日ですねっ
七夕の日にご紹介するのは、顔のラインがハートマークの、
メンフクロウのイチゴちゃんです
DSCF6526.jpg
当園のふれあいのフクロウの中でも、お子様から年配の方まで、
幅広い人気を誇っています。

展示室の中のイチゴちゃんの表情は・・・、
頭を下に下げたり、翼を広げてみたり・・・。
朝のイチゴちゃんは、ポヤァ~とまだまだ眠たい様子です。
朝のイチゴちゃんは、こちら↓
DSCF6553.jpg

そんなイチゴちゃんも、ふれあいのお仕事では、展示室の中の表情とは異なる、
仕事の顔がこちら↓
DSCF6527.jpg
キリリッ!としています。

ふれあいでは、当園では唯一、
お客様の肩の上に乗せて記念撮影を行っている、フクロウさんです。
脚がスラリ☆としていて、モデルさんみたいな佇まいです。
後姿もお美しいです
DSCF6536.jpg


馴れているスタッフには、至る所を触らせてくれます。
頭をカキカキ・・・
DSCF6535.jpg
気持ち良さそうにしています。

サービスで、耳の穴も見せちゃいます。
DSCF6534.jpg
耳の穴はメンフクロウも例外無く大きいです。

今回は、更に翼の裏までお見せします!
DSCF6532.jpg
イチゴちゃんがちょっと恥ずかしそうです
羽根の裏側まで、綺麗な色合いです

イチゴちゃんの名前の由来にもなりました、
お腹の黒い粒粒は、お腹の横や、翼の裏にも沢山散りばめられています。
スタッフには、色んなところを触らせてくれるイチゴちゃんです。

顔の中心の真ん中の縦ラインの羽根の中はどうなっていますか?と
意外にも多くのお客様から聞かれるご質問ですが、
こうなっています。↓
DSCF6528.jpg

正解は内側に背中部分の色合いの羽根が生えています。
イチゴちゃんとのふれあいはイチゴちゃんの魅力満載です。


主に、週末の休日や祝日の14時からのふくろうのふれあいを担当しています。
是非、会いに来て下さいねっ!


【おまけのお知らせ】
只今、お花の売店の店長を勤めております、
アフリカオオコノハズクのポンちゃんですが、
店長席にて、自分の産んだ卵を大事に温めています。
卵と一緒にポンちゃんは、出勤しています^^;
DSCF6540.jpg

ポンちゃんが温めるのを飽きてしまう迄の期間ですが、
フクロウが卵を温めている姿をお近くで見れる事は、珍しいと思いますので、
お早めに見に来て下さいね!

“ポンちゃんの抱卵期間”=“ポンちゃんが抱卵を飽きる迄”の、
期間限定で御座います。

抱卵を終了する予想は、この後1週間程だと思われます。

ボサっと... 

こんにちは!バードスタッフの田上です。

今回はオオフクロウジョナくんを撮ってみました(^-^)/

IMG_3414.jpg


よ~く見るとちょっとボサボサっとしています(汗)

しかし!皆さんご安心ください。体調が悪いという訳ではなく、
羽根が抜け替わっているんです。

見た目少々ビックリしていしまいますね。
ジョナくん只今新しい羽根が生えている真っ最中...!

この羽根の抜け替わりのことを「換羽(かんう)」と言います。
フクロウの個体差はありますが、少なくとも年に一回は
必ず古い羽根が落ち、新しい羽根が生えてきます。

どの様に生えるのかといいますと、
FullSizeRender (2)



ご覧いただけたでしょうか...?
なにやら半透明のストロー状の物が羽根と一緒に生えてますね、
実は、このストロー状の中に新しい羽根が入っており
大きくなるにつれ、フクロウが毛繕いなどをすることによってはがれ落ち、
新しい羽根が出てくるのです。

このような仕組みで鳥たちの羽根はどんどん新しくなっていきます^^

そのような中、ジョナくんは今現在もフクロウのふれあいにて大活躍しています!
ジョナくんの生えたての羽根、是非触ってみてはいかがでしょうか...?




最近多い質問! 



みなさんこんにちは!!
バードスタッフ渡邊です(^^)

早いもので6月!この一年も半分終わってしまいましたね・・・
季節も移り変わり、だんだんと暑くなってきております。今年は猛暑になるといわれていますので、今から少し憂鬱です。

さて!今回はタイトルの通り、最近お客様からよく聞かれる疑問について紹介していこう思います(^-^)/

まずはコチラの写真をご覧ください・・・

1_20170605134220fda.jpg

ベンガルワシミミズクの『ランくん』です。
ランくんの足元に注目してください!見にくいと思いますので、アップがコチラになります。
2_20170605134223f3c.jpg

なにやら紐のようなものが出ているのお気付きですか?

これを見つけたお客様によく聞かれるのが、
「あれってフクロウさんの爪ですか?」とか「羽根が伸びてるんですか?」など聞かれます!
しかしこれは、フクロウさんにもともと付いているものではありません。

実はこれ、“フライングジェス”と呼ばれる、猛禽類のフライトには必要不可欠なものなんで!!

このフライングジェスは主にショーで飛んでいるフクロウさん達に付いています。
他にもふれあいに出ている子にも一部付いており、脚を一時的にグローブの上に固定する際に活用します。
脚に直接付いている訳ではなく、“アンクレット”と呼ばれる足輪のようなものに繋がっています。

3_201706051342233d7.jpg

またまた見にくいですが、脚に付いているのがアンクレットになります。

また、フクロウさんを外に出す際はフライングジェスだけでは不安です。何かの拍子にフクロウさんが暴れた時などに、ロスト(鳥が逃げてしまい帰ってこないこと)してしまう確立が高くなってしまうため、他にも装着するものがあります。
それがこちらです

4_201706051342186ed.jpg

左から 紐・スイベル・ジェス になります。
どのように着けるのかというと・・・

先ず、アンクレットの穴にジェスを通します。
この際フライングジェスをしっかりもちます!!
5_201706051342255a3.jpg6_20170605140959807.jpg

次に、ジェスの先端にあいている穴にスイベルを付けます。
7_2017060514100566a.jpg

最後にスイベルの丸い穴に紐を通して終了です!!
ちなみに撮影に協力してくれたのは、ナンベイヒナフクロウの『モグくん』でした(^^)
8_20170605141003a2e.jpg9_20170605141007a6b.jpg


ショー前のフクロウさんたちは、このように準備をしてから会場に出発していたのです!
シュー中は紐等が付いているとひっかかる可能性が出るため、外してフライングジェスのみで飛んでいます。

タイミングが良ければ、準備をしているフクロウさんを生で見られるかもしれません。
ご覧になりたい方はぜひ富士花鳥園へ!



お勧めのアングル 

こんにちは、バードスタッフの山下です。

本日は、普段お客様が見ることが余り無い、
私の好きなフクロウのアングルをご紹介致します。

スタッフは、フクロウの正面顔は容易に撮影する事が可能です。
スタッフの顔や声を理解し覚えている為、名前を呼べば、向いてくれます。
見分けてくれているのは、嬉しい限りです。
今回は、スタッフだからこそ撮影出来る、角度です。

今回は、フクロウ達のお部屋へ入っての撮影です。
おやおや~?と覗き込んでみているのは、
クロワシミミズクのゴンくんです。
DSCF6417.jpg
この、下からのアングルが私の好きなアングルです(*ノ∪`*)
スタッフに馴れているフクロウだからこその角度な為、
馴れていないフクロウや、暴れて嫌がるフクロウには、
無理させなで、やらないようにして下さいねっ☆

10時30分のショーにて出演中です。
覗き込んだ顔のゴンくんは、お目目がパッチリで、とてもプリティーです★
私の持っているカメラに興味津々です。

カメラは下から撮影し、フクロウが見下ろす顔が可愛いです。
お目目がクリクリして、覗き込み、フワフワな羽根が見れるのが、ポイントです。

DSCF6419.jpg

もう一枚ゴンくんです。小顔な、かなりのイケメンだと、私は思います。
尾羽の裏側の並び方が良くお分かり頂けるかと思います。
ゴンくんは、羽繕いが上手で常にピカピカの羽根を維持しています。

お次は、アメリカワシミミズクのイーバちゃん。
主に、土曜日・日曜日・祝日の15時のバードショー後のふれあいに出ています。
下から撮影している関係上、イーバちゃんの表情は、
“嫌ぁ~(´・_・`)”そうな顔しておりますが・・・。

DSCF6411.jpg

お尻付近の羽根が、真っ白白で可愛いですよねっ!
フクロウのフッワフワさは、お尻付近の羽根が一番わかり易いです。

併せて、脚と爪の鋭さもこの角度ならではだと思います。
止まり木に湾曲した爪がフィットしていたり、がっちりとした脚指をしているのが
お分かり頂けるかと思います。

続きましては、ベンガルワシミミズクのユズくん。
15時のバードショーにて、お客様から、
「かぁ~わいぃ~」
と言われている仔です。

DSCF6412.jpg

下半身の羽根のモコモコフワフワ感が良く判る写真です。
余りこの角度から撮影する事が無い為、
「なになにぃ~?」
と、不思議そうな表情をしています。

DSCF6415.jpg

もう一枚ユズくんです。
バードショーで、静かに飛べる秘密の一つに、
フクロウの羽根が柔らかいと挙げていますが、表面上は柔らかさは判り難いと思います。
表面上は、飛行の際に風に抵抗出来ず、風に耐えうる強度が必要な為、
ある程度の硬さがありますが、内側は、フワフワで、柔らかい羽根になっています。
フワフワさが写真では、伝わりにくいかも知れません。
フワフワさを狙った写真です(^^;)

DSCF6422.jpg

お次は、当園でも一番大きなフクロウのワシミミズクのマーちゃんです。
残念ながら、フワフワしてくれませんでした( ノД`)
真下から撮影しましたので、外側より、翼→尾羽と、
普段どの様な羽根の重なり具合なのか、下から覗き込むと、判りやすくなっています。
計算尽くされている収納ですね。改めて見ると、関心します。

DSCF6427.jpg

最後に、ベンガルワシミミズクのモニョくんです。
13時30分のバードショーに出演中です。
尾羽を上げてくれたので、モコモコさが伝わります。
又、見上げる表情も、可愛いです(* ´ ▽ ` *)

おまけで、ショー出演前の、モニョくんです。
DSCF6424.jpg
やる気満々です。

いつもと違う角度で撮影されますと、フクロウの別の表情が撮れるかも知れません。
色々な表情のフクロウさんを、是非撮りに来て下さいね!

こころはひとつ...! 

こんにちは!バードスタッフの田上です^^

5月となりましたが、暑くなったり寒くなったり...気温差が激しいですね(汗)
服装も一番悩む時期です(;д;)
私も毎回悩んでいる今日この頃...。
みなさんはどうお過ごしでしょうか?^^

今回は展示室についてお話ししたいと思います!

結構前の記事になりますが一部の展示室の工事により、フクロウ達が移動になっていました。
しかし!その展示室が無事に完成し、またフクロウ達が戻ってきたのです^^
IMG_3066_20170513090545de3.jpg


とても綺麗になりました。
01_20170418120333092.jpg

この前工事のため、一緒に過ごす事になったアカアシモリフクロウのポケ(左)とナンベイヒナフクロウのモグ(右)も工事が終わったため、また離れ離れに...(´・_・`)

IMG_3064_20170513090718fac.jpg


IMG_3061_20170513090719eb5.jpg


仲良しだったため一羽ずつになってしまってちょっと寂しそうです。

しかし!きっと二羽の心はひとつです...!
最近は新しいお部屋に慣れてきたため、落ち着いています^^
ちなみに、二羽が居たケージには、引き続きアカアシモリフクロウのキキがいますよ!
IMG_3067_20170513090720c51.jpg


そしてなんと!みんなのアイドル、メンフクロウのイチゴちゃんが展示室に帰ってきました!

IMG_3073_201705130916551bd.jpg

威嚇してますが(T_T)笑








そんな新しくなった展示室。
是非ご覧になってみてください!