fc2ブログ

月別アーカイブ

 2008年05月 

ホウチャクソウ 

富士花鳥園の庭園、森林、林縁には、様々な草花、花木、山菜類、薬草類が季節の訪れと共に顔を出し、姿を変えます。そんな自然豊かな朝霧高原、富士花鳥園にスポットを当て、観光の魅力のひとつとしてお伝えしていきたいと思います。  

今日は ホウチャクソウ をご紹介いたします。


080530.jpg
ホウチャクソウ 漢字で書くと 「宝鐸草」 です。
ここで、早速のクエスチョン。宝鐸とは何ぞや?
寺院の軒先の四隅に吊り下げられている飾りであり、風鐸(フウタク)ともいうそうで、花が垂れ下がって咲く姿がこの宝鐸に似ていることから、和名が付けられているそうです。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


080530-1.jpg
エミュー牧場から富士山側に向かう南側(日陰側)の沿道と、林の中で見ることが出来ます。これらの写真は、小群落になっているところを撮りました。

080530-2.jpg
芽出しの頃によく似た植物で、ユキザサ、アマドコロ、ナルコユリ等がありますが、他が地下茎をつくるのに対し、本種はヒゲ根です。薬効も無く、反対に、循環器系に有害な成分が含まれる可能性があるようですから、観察したり、写真を撮るだけにして下さい。

080530-3.jpg
花のアップです。100mmのマクロに付け替えて寄ったのですが、足元にも草花が咲いているので、踏みつけないように気をつけなければいけません。もっと下のアングルから撮りたかったのですが、そうなると腹這いになるしかなく、仕方なく断念しました。今日はこの他の植物も撮りましたが、曇りで風が強くて撮れなかったものもありますし、青空や深緑をバックに撮りたい花もありましたので、日を改めてご紹介していきます。
他の園に習い、発信密度をあげるようにブログを発展させたいと思いますので、時々覗いてみて下さい。