FC2ブログ

月別アーカイブ

 2010年01月 

ヘリオトロープ 

 こんにちは。植物スタッフの石田です。

 突然ですが、温室内のフクシアが並んでいる場所で、ふっと甘い香りが漂ってきた、という方はいらっしゃいませんか?実は、この中に1つだけ、香りを放つ植物が植わっているのです。

3002141.jpg

 今回は、その香りの正体である、「ヘリオトロープ」をご紹介します。

PC300205.jpg

「ヘリオトロープ」 ムラサキ科 ヘリオトロピューム属   
        Heliotropium arborescens 

   ペルー・エクアドル原産

 
 名前の由来は、ギリシア語の「helios(太陽)」と「trope(回転)」から来ていて、昔の人々が、この花もヒマワリと同様に、太陽の動きに沿って花も回る、と信じていたことにちなんでいます。


PC300208.jpg

 ヘリオトロープは香水の原料にもなった植物で、この植物から採取したエッセンシャルオイルを香水に使用します。
 また、ドライフラワーやポプリとしても楽しむことができます。
 香水のもととなった植物だけあって、ヘリオトロープの近くを通ると甘くて芳醇な香りが漂ってきます。

PC300212.jpg

 こちらは蕾の時の写真です。この蕾が開花して、可愛らしい薄紫色の花がいくつも現れます。

 ヘリオトロープは開花してから日にちが経つにつれて、香りが薄くなってしまうのですが、ヘリオトロープに鼻を近づけると甘い香りを利くことができます。
 
 花が咲き始めの頃に濃厚な香りがします!