fc2ブログ

月別アーカイブ

 2010年03月 

ストレプトカーパス 

こんにちは、植物スタッフの薄井です。

一昨日、花の交配をしてみたので、今日はその時の様子をお話したいと思います。


はじめに植物の紹介です。交配したのはこちらのお花です。↓
usui054.jpg

  ストレプトカーパス Streptocarpus

交配に使ったのはココ↓園内の栽培ベッドで育てている保存株です。
usui055.jpg

上の写真を見てお分かりの通り、なんだか花が少ないですよね・・・
実は冬の寒い間はなかなか花芽が上がってこないんです。

そこで、今回の交配はちょっと違った方法で行ってみました。

通常は掛け合わせる花を 雌親と雄親の2株決めます。

ですが、今回は花が選べるほど咲いていないので・・・
雌親のみを決め、花粉を複数株の花から採取し、混ぜ合わせて使うことにしました。


実際に花粉を採取したのは↓こちらのお花です。
usui056.jpg


受粉は次の手順で行いました。
usui057.jpg


花粉をそれぞれのお花から採取し、混ぜ合わせ、雌親の柱頭に付けていきます。

雌親の茎に交配の日付を書いてくくりつけ・・・・・・終わりです。


ちょっと簡単すぎるようですが、これで2ヶ月後には種と採ることが出来ます。


ちなみに、ストレプトカーパスという名前は「さや」の特徴的な形からきています。
↓こちらです。
usui058.jpg


「さや」が閉じた状態では分かりにくいですが、開いてみると クルクルと螺旋状なのがよくわかります。

ラテン語で ストレプトカーパス(Streptocarpus)は「捻れた果実の」という意味を持つんです。
なぜこんな名前をしているのか?・・・「さや」を見たら、思いだしてくださいね。


今回、交配したものは2ヶ月後の5月に種を採って蒔く予定です。
そこから花を見るまでは、早くて5ヶ月後。

だいぶ先の話で気が遠くなってしまいますが、数種類の花粉を混ぜた分、楽しみ倍増です!
お花が咲いたら、ぜひ報告したいと思いますので楽しみにお待ちください。