fc2ブログ

実はほとんど「アナホらないフクロウ」!? 

こんにちは。バードスタッフの平澤です。
当園のフクロウ展示室に地面をトコトコと歩く可愛らしいフクロウがいます。
IMG_0808.jpg
種類はアナホリフクロウといい、大きさは約15cmほどの小型のフクロウです。
IMG_0796.jpg
フクロウというと夜行性のイメージですが、
アナホリフクロウは昼間に活動します。
IMG_0807_20100319115120.jpg


ほぼ同じ大きさのコキンメフクロウです。
IMG_0805.jpg

コキンメフクロウはアナホリフクロウと近縁です。
アナホリフクロウと外見を比較してみてください。
IMG_0804.jpg

アナホリフクロウの方が体と比べて脚が長いです。
IMG_0815.jpg
なぜかというと、地面を歩き回って昆虫を捕らえるためです。

「アナホリフクロウ」という名前ですが、実はほとんど自分では穴を掘らないのです!
IMG_0797_20100319115413.jpg

プレーリードッグなどが掘った巣穴を利用します。
アナホリフクロウは馬糞などを巣穴の入口に敷き詰めます。
それは・・・
1、甲虫の幼虫が出てきて、それを食べる。(食糧)
2、大雨による浸水を防ぐ。(防波堤)
3、糞の臭いで自分のにおいを隠す。(護身)
4、醗酵して温かくなる。(暖房)
といった役割をするためです。

賢くて感服してしまいます!

IMG_0814_20100319160746.jpg
ですが、他の動物の巣穴が見つからないといったどうしようもない時は、
自分で穴を掘ります。

IMG_0806_20100319161201.jpg
トコトコと歩く姿がとても人気です。
ぜひ見に来て下さい!