fc2ブログ

ホトトギス 

園庭に咲く植物 Vol.30
080924-4.jpgホトトギス(杜鵑草) 学名:Tricyrtis hirta ユリ科 ホトトギス属の多年生草本

080924-3.jpg
鳥の名前を持つ花は他に、サギソウ(鷺草)、ヒヨドリバナ(鵯花)などがありますが、全く同名なのは 「 ホトトギス 」 以外に思い当たりません。
鳥の方は、不如帰や時鳥などの異なる漢字をあてられていますが、花の斑点が鳥のホトトギスの羽の模様(胸)に似ているということから付いた名前です。

080924-2.jpg
属名のTricyrtis(トリキルティス)はギリシャ語の 「treis(三)+ kyrtos(曲)」が語源です。
これは、3枚ある 「外花被」 と呼ばれる部分の基部が、曲がっていることから付けられました。外花被は、花びらやがくが変化した突起状の部分で、特長の違いにより内花被と区別されます。
ホトトギスの場合は、一番外側に見える6枚の花被のうち、幅の広い3枚が外花被、幅の狭い3枚が内花被です。

080924-1.jpg
ホトトギスは山の半日陰に生え、白地に紫の色彩が人目を引きます。

080924.jpg

おしべやめしべの立ち上がり方、デザインや配色も絶妙で、自然の生み出す造形の美しさに関心させられました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujigarden.blog120.fc2.com/tb.php/158-347fb38e