FC2ブログ

富士花鳥園の☆フクロウへの疑問☆ 

おはようございます。

今年も9月に入り、富士花鳥園のある朝霧高原では
涼しさを感じられるようになりました。

DSC04054.jpg

富士花鳥園では世界の様々なフクロウを
ご覧いただくことができます。

DSC04051.jpg

本日はお客様から質問を頂く
☆フクロウは恐くないのですか?☆
という事に関して話題としてみました。

DSC04078_20120903190948.jpg
↑マレーウオミミズク

フクロウといえば ☆鋭く尖った嘴、爪☆
で獲物を狩る猛禽類。

フクロウゲージに入るスタッフの姿を見て
☆恐くこないの?☆と疑問を抱くお客様も多くいらっしゃいます。

DSC04065.jpg
↑ワシミミズク

猛禽類で肉食、鋭い嘴と爪・・・

想像すると、とても強くて恐いイメージがありますが
実は意外と臆病な鳥なのです。

DSC04039.jpg
↑カラフトフクロウ

身体を微動だにせず警戒する姿
を見せたり

DSC04043.jpg
↑オオフクロウ

羽を広げて自分を大きく見せる威嚇行動
をしたりしますが、身の危険を感じなければ
向かってくる事はまずありません。

DSC04033.jpg
↑トルクメニアンワシミミズク

ゲージ内に入ったスタッフに
警戒心がないのか?何気にちかずいてくるフクロウもいます。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


現在、守る為に攻撃の姿を見せるフクロウがいます。
抱卵中のシロフクロウです。

シロフクロウのオスは雌と卵を守ろうと
攻撃を仕掛けてきます。

スタッフがゲージの扉を開けようとすると
すぐにオスが扉の前で待機


DSC04034.jpg

スタッフの進入をふせごうと必死です。

DSC04038.jpg

卵を温めているメスは、スタッフが近づいてもその場を離れようとしません。
メスに近寄るスタッフに警戒して、オスはすぐさまメスの側に飛んできます。

DSC04036.jpg

そして、オスはすぐさま攻撃態勢を整えます。
守ろうとする姿はとても微笑ましい光景です☆

前回のブログ                               スタッフ 遠藤

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujigarden.blog120.fc2.com/tb.php/1702-f94af2b7