FC2ブログ

雄花と雌花 

こんにちは。植物スタッフの林です。
ベゴニアには雄花と雌花があり、スタンドベゴニアに咲く大輪の花は、雄花になります。

スタンドベゴニアを見ると、大輪の雄花の両脇から、雌花が左右に一つずつ出ています。
IMG_3399.jpg
IMG_3402-3401.jpg
八重で大輪の雄花と比べると、雌花は小さく、一重の花しか咲きません。
雌花の中心には、黄色い雌しべが見えます。

後ろから見ると↓こんな感じで、雌花の付け根には、種を作る子房と呼ばれる膨らみがあります。
IMG_3397.jpg
球根ベゴニアのほとんどは、このような形で雄花と雌花を咲かせるのですが、中には例外がありまして・・・、

↓こちらのベゴニアを見ると、右には雄花、左には雌花が出ています。
IMG_3347.jpg
IMG_3354-3355.jpg
突然変異?なのかよく分かりませんが、富士花鳥園では、このような形のスタンドベゴニアを数多く見る事が出来ます。

↓こちらのスタンドベゴニアに至っては、雄花と雌花が咲き乱れ・・・、
IMG_3362_20120922065034.jpg
主になる雄花から雌花と雄花が出て、その雄花から、さらに雌花が出ています・・・と、説明するのも何だかややこしいですね(^-^;;;
3364.jpg
以前から、このような咲き方を見る事は出来たのですが、最近は特に多くなったような気がします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujigarden.blog120.fc2.com/tb.php/1711-efa8d9a5