FC2ブログ

香りスミレ 

 こんにちは 植物スタッフの篠原です。

 富士花鳥園は標高888mの朝霧高原にあるため、夏でも一般的な平地より5℃ほど気温が低く、毎年花鳥園グループの加茂荘から暑さの苦手な植物が幾つか避暑にやってきます。
 今年は八重咲きの桜草、ストレプトカーパス、エラチオールベゴニア、香りスミレなど例年より多くの植物が避暑にやってきました。

 もう気温が下がってきたので、こうした植物も加茂荘へ帰っていく時期になりました。

 ちょうど、夏に加茂荘で播種し、こちらに山上げした香りスミレが花を咲かせているのでバックホームする前に写真に撮って見ました。

 たくさん撮った中から個人的に気に入った紫系の花を中心に紹介します。

20121116b.jpg
青紫の花で、上弁はベタですが、下がぼかしの入った品種。
個人的にスミレはぼかし系が結構好きです。

20121116c.jpg
こちらは全弁がぼかしの品種。
ブロッチが大きめなのがちょうど良いバランスを造っています。

20121116d.jpg

こちらは白覆輪品種です。
スミレはベースカラーが薄めでエッジが濃い色のピコティーもあれば、こうした白覆輪もあり、変異幅が非常に広いです。

20121116a.jpg
今回一番のお気に入り品種!
濃い目のワインカラーの品種です。
蕾のときは黒に近い深い色合いをしています。
外側の濃い紫~底の白への移り変わりに、下の弁には大きめに黄色も乗り、ブロッチも効いていて、ちょっと遊びのあるフリンジ弁、もちろん香りつき・・・多芸な品種です。

今あるスミレは加茂荘で今年交配したニューフェイスです。
今あるたくさんの花から選抜されて加茂荘に持ち帰られ、優秀品種は新たな交配親として用いられるほか、栄養繁殖して維持していく予定です。

(スミレに関してのお問い合わせは富士花鳥園ではなく加茂荘までお願いいたします。)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujigarden.blog120.fc2.com/tb.php/1766-26c6c6e8