FC2ブログ

ベゴニアの味? 

こんにちは。植物スタッフの林です。
富士花鳥園の温室内には、花に関する看板がいくつか展示してあります。
「酸っぱいベゴニア」と書かれたこの看板。
DSC_0131.jpg
実際に花びらや茎の断面を舐めてみた事があるのですが、ほんとに酸味があるんですね~。
ちなみに、葉っぱには苦味もありました(^o^;)

土手や川原などに生えている「スイバ」と言う植物の茎を食べた事がある方なら想像できると思うのですが、あんな感じの酸味でした。
IMG_3904_20130109134905.jpg
富士花鳥園の売店では「ベゴニア羊羹」が販売されております。
甘い羊羹にほんのりと酸味のきいた、ちょっと珍しい羊羹です。

さて、ここからが本題。
DSC_0109-0108.jpg
仕事をしていて久しぶりに大きなベゴニアの球根を掘り当てたのですが、この球根は食べられるのか??と言う1つの疑問が湧きました。

そんな訳で、とりあえず火を通してみよう!!d(’▽’)と思いラップに包み、
DSC_0116_20130109150420.jpg
レンジでチン!
加熱すること、1分30秒。
DSC_0119_20130109152751.jpg
つまようじがスッと刺さる位のホクホクな球根の出来上がりっ!ヽ(*´▽`*)ノ
0123-0124.jpg
恐る恐る匂いを嗅いでみると・・・ん?!蒸かした里芋と同じ香りが・・・切った断面もぬめりがあり、色も里芋そのものでした(’o’)



さて、ここまでしてみたものの・・・試食する勇気は無く・・・(´д`;)
職場の子にも、「お腹壊すかもしれないから止めといた方がいいよ~(>_<;)」と止められたので、それならちょびっとだけ舐めてみよう!d(’▽’)と言う訳で、ペロッと舐めてみると・・・、
DSC_0128.jpg
うっ、にがっ!(>_<;)
酸味は全く無く、苦味だけが舌に伝わってきました・・・(´へ`;)
ベゴニアの花は、食用花として販売しているお店もあるようですが、ベゴニアの球根は、百合根のような食用にはならないようでした(^o^;)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujigarden.blog120.fc2.com/tb.php/1801-6b7994e9