FC2ブログ

連休の富士花鳥園 

皆さん、こんにちは。バードスタッフの三村です。

皆さんは、この3連休をどう過ごしましたか?
天気も良く、外出された方も多かったと思います。






今日のブログは富士花鳥園の3連休の様子をお届けしたいと思います。

IMG_3465_20130213131327.jpg
この3連休は天気も良かったので、多くのお客様にご来園頂きました。

この写真は当園の温室内にあるレストランの様子です♪
天気も良かった為、天井から吊るしてある花もとても綺麗で、その中で食事が出来るなんて、とっても最高です!!

しかも、温室内の為暖かく、とても過ごしやすくお食事をとる事が出来ます。

IMG_3481.jpg
続いては、温室内にて行われている飛行ショーの様子をお届けします!!

この写真のショーは13時30分からのショーになります。
現在は、屋外が寒く温室内にてのショーとなります。(屋外が暖かくなって来ましたら、富士山をバックに屋外でのショーとなります。)

この写真に様に、お客様の間近を当園の自慢の鳥達が飛んできます♪
お客様も一生懸命に写真を撮ろうと試みますが、自分の目の前に飛んで来る為怖さの余り・・・・

IMG_3507.jpg
温室内には他にも沢山の鳥達と触れ合うことが出来ます。

温室に入り一番奥にあるのが、ロリキートランディングになります。
ここには。色鮮やかな鳥達が皆様を迎えてくれます♪

もちろん、観るだけでも楽しいですが、直接エサをあげる事が出来るんです!!
エサのカップを買って、中に入るだけで、あなたに向かって鳥達が飛んで来ます!!

少し、怖いかもしれませんが、ご安心下さい。
当園のインコ達はとても甘えん坊でイタズラ好きなので大丈夫です。

IMG_3508.jpg
当園には、温室内だけでなく屋外にも触れ合える動物達がいるんです。

『エミュー』です!!

ダチョウの次に大きいと言われている鳥です。
オーストラリアに棲息している飛べない鳥になります。

見た目は、鳥と言うよりは恐竜に近い足をしているので、とても怖いですが、それは、外見だけです。
間近で、触れ合ってみると、とってもおとなしく、可愛い鳥なんです。

もちろん、ここも中に入ってエミュー達と触れ合うことも出来ますが、怖いと言う方は、写真の様に作の外から、エサをあげる事も出来ますので、挑戦してみて下さい!!

エミュー達が首を伸ばして上手にエサを食べる様子が見れると思います。

IMG_3527.jpg
今度は、温室に戻り、ペンギンプールの様子をお届けします。

ここでも、ペンギン達にエサをあげる事が出来ます。


IMG_3528.jpg
つい先日当園に新しく仲間入りした『アフリカオオコノハズク』です。
掛川花鳥園のポポちゃんで有名な種類のフクロウになります。

1月に掛川で生まれたばかりなので、産毛が残っており、とっても可愛いです!!
なんと、今、当園ではこのアフリカオオコノハズクの名前を募集しています!!

皆様、可愛い名前を考えて下さい。

IMG_3529_20130213131329.jpg
最後に、忘れてはいけない鳥がこの子になります。
赤ちゃんが展示している場所は、温室内の花売店にて、展示しています。

休日は、多くのお客様が会いに来るので、平日に会いにくればこの写真の様に赤ちゃんをひとり占め出来るかも知れません・・・










~フクロウ売店からのお知らせ~


フクロウ売店では2月14日までの期間限定でバレンタインギフトを販売中!!

富士花鳥園ならではの内容で喜ばれること間違いなし!?

詳しい内容はコチラ




~毎月開催イベントのお知らせ@花売店~

♪球根ベゴニアセール(毎月10日開催)
♪カーパスセール(毎月20日開催)
♪フクシアセール(毎月29日開催)

詳しくはこちらのブログをご覧下さいませ(^^ノシ

コメント

大盛況ですね

こんにちは。
平素よりお世話になり、ありがとうございます。
さすが3連休、大盛況ですね。
私はといえば、連休初日の9日(土)に、ちょうど開園時間の頃に貴園の前を通り過ぎ、姉妹園の掛川花鳥園さまに出かけて参りました。貴園の屋外バードショーが屋内振替中であり、屋外を飛翔するハヤブサさんを狙って撮影してみたかったがためです。
ところが、掛川花鳥園さまのラナーハヤブサのショーは、いわば「瞬間芸」で、換言すれば貴園でのハヤブサに対する初期のトレーニングをショーとして見せているだけに過ぎず、豪快に屋外ショー会場周辺を含めところ狭しと駆け巡るセイカーハヤブサのテツくんのショーを見慣れた私にとっては、拍子抜けに値するものでした。
掛川花鳥園さまも大盛況で、かつ存分に楽しめましたが、普段お邪魔している富士花鳥園さまと比較しますと、バードショーのレベルやスタッフの皆様のホスピタリティの面では、相当に見劣りしました(注:不十分ということではありません)。もっとも、掛川花鳥園さまは、東海道新幹線掛川駅や東名高速道路掛川インターチェンジ最寄ということもあり、集客規模も大きいので止むを得ないのかも知れません。
なお、13時00分からのバードショーでは、ルアーをキャッチしようと上昇したラナーハヤブサさんの翼と頚に、バードスタッフの方が投げ上げた際にループしたルアーのロープが絡まり、あわや墜落というシーンに出くわし、正直、肝を冷やしました。
また、掛川花鳥園さまのショーは、富士花鳥園さまと比較して鳥たちの飛翔速度が明らかに遅く、観客席からの鳥たちまでの相対的な距離も遠いため、撮影時の相対速度は非常に低くなり、撮影そのものはイージー極まりなかったのですが、私にとっては面白味に欠けたというのが、正直な感想です(逆説的に解釈すれば、掛川花鳥園さまの方が鳥たちの飛翔シーンの撮影には苦労しないということでしょう)。
日頃の富士花鳥園さまのお世話に感謝を込めて、お土産代わりに、この度の掛川花鳥園さまでの撮影画像のURLを残しておきますので、花鳥園グループさまのご判断にて、ご自由にお使いください。
http://photo1.ganref.jp/photo/0/764e18c240b444f5309b12f6dcb489f2/original.jpg
http://photo1.ganref.jp/photo/0/ebe13782a21456d41ce3cfae54c4d95b/original.jpg
http://photo1.ganref.jp/photo/0/7bccd0a4ed29586e20995f3f3156cc3e/original.jpg
http://photo1.ganref.jp/photo/0/c29dc258d6255afff25c6dc2012a023d/original.jpg
http://photo1.ganref.jp/photo/0/e25e16702d7335f437712c71f6dbfee7/original.jpg
そのうち、富士花鳥園さまにはひょっこりお邪魔させていただきますので、その節にはよろしくお願い申し上げます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujigarden.blog120.fc2.com/tb.php/1826-c3214677