花鳥園FISH2 

皆さん、こんにちは。
バードスタッフの長野です。

バードスタッフブログの再開後、2度目のブログ更新です。
前回のブログでは、『パロットファイヤー』を紹介しましたが、今回のブログもまたまたお魚の話題です。

2回連続でお魚に関する記事になったわけですが、それにはちょっとした理由がありまして・・・

実は私、あの大雪の日~数日前までフクロウに関する業務をほとんど行っていませんでした。
この5ヶ月は、温室の復旧やロリキートランディングの整備などを主に行っていたため、
フクロウに関する話題がほとんどありません。
そんな中でも、お魚のお世話だけはメインで行っていたので、お魚の話題ならなんとか・・・

というわけで、今回もお魚の話題になりました。

このブログを書いてる現在、フクロウスタッフ復帰3日目。
以前の感覚を取り戻しつつ、話題を探していきたいと思います。

話はそれましたが、そろそろ本題に移ります。

前回ご紹介した『パロットファイヤー』。

IMG_6766_20140716090945d51.jpg

それとは別に、花鳥園に仲間入りしたお魚がいます。

IMG_7042.jpg

なんとも奇妙なフォルムをしたこちらのお魚、チョウザメというお魚です。
名前を聞いて、ピンと来た方もいるはずです。(特に大人の方)
とても高い卵が有名です。

ちなみに↑の写真は『ホシチョウザメ』。
体の側面の白いラインが星のよう。

IMG_7060.jpg

続いては、『べステル』。
食用に人工的に創られた種類。
当園のチョウザメの中では最大です。

IMG_7066.jpg

そしてこちらが、『シベリアチョウザメ』。
大きさはホシチョウザメと同じくらいですが、鼻先の白が特徴的。

IMG_7023.jpg

そして最後に、『コチョウザメ』。
当園でもっとも小さい種類。
しかも、アルビノのコチョウザメなので色が白くて、よく目立つ!!
(※生まれつき色素が欠乏してしまう、遺伝子疾患)

以上4種のチョウザメが新しく仲間入りしました。

正直にお話しすると、パロットファイヤーの時と同様に、全くチョウザメのことは知りませんでした。
そんな私がもっとも驚いた、チョウザメに関する衝撃の事実・・・

チョウザメはサメとは別の種類のお魚なんです!!!

皆さんは、知っていましたか??
その見た目がサメに似ていることと、のような形の鱗を持つことから『チョウザメ』という名前が付いたようです。
しかもサメよりも古い時代から生きる、古代魚。

知れば知るほど、奥の深ーーーーいチョウザメ、今後もいろいろ調査していきましょう。

現在チョウザメたちは展示のみとなっていますが、夏休みに向けて、エサやりやふれ合い等も企画中。
楽しみにして頂きたいと思います。

次回はフクロウの話題がかけるかな??


フクロウ売店からのお知らせ
フクロウ売店ではバースデーカードを販売中!!
ココアちゃんからバースデーカードが届きます!お申込み随時受付中です♪
詳しくはこちらをご覧ください!!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujigarden.blog120.fc2.com/tb.php/2080-c0f3c9fe