ハリスホークの尾羽! 

皆さんこんにちは!
バードスタッフの村野です。

今回はタカの尾羽について少しだけお話したいと思います!
富士花鳥園には現在2種類のタカがおり、それぞれバードショーで出演をしています。

02_20150126114129a8f.jpg
(写真提供:Charlie norn SAKURADA様)

まずはこちらのハリスホーク。別名はモモアカノスリ。
主に森の中で生活をしており、狭い木々の間でも飛べるように翼が短めにできています。短いことにより折りたたみやすくなり上手に森の中を飛べることができます。
そして翼とは逆に尾羽がとても長くできており、尾羽を広げることによって急ブレーキをかけたり、左右に振って方向転換をしているのです。



01_2015012611412759d.jpg
(写真提供:Charlie norn SAKURADA様)

さて、一方こちらはヨゲンノスリというタカです。
尾羽の長さに注目してみてください。こうして見ると、先ほどのハリスホークの尾羽がいかに長くできているのかが分かります!



03_20150126114131074.jpg
ハリスホークの尾羽。
とても長く風切羽からはみ出しています。



04_20150126114131ce5.jpg
ヨゲンノスリの尾羽。
赤茶色の羽が尾羽になるのですが、ハリスホークに比べてとても短く、風切羽の下に隠れています。



05_201501261141250e5.jpg
2羽の抜け落ちた尾羽を並べてみました。左がヨゲンノスリで右がハリスホークです。
体はヨゲンノスリのほうがひとまわりもふたまわりも大きいですが、尾羽だけで見るとハリスホークのほうが長いです。



07_20150126114156fe0.jpg
タカではありませんが、尾羽の長さ比べということで当園にいる鳥達の中で長い尾羽を持つ「ルリコンゴウインコ」の尾羽も比べてみました。



06_2015012611415727b.jpg
結果はご覧の通り!一目瞭然ですね。
他にも当園の中ではキジの仲間である「キンケイ」が長い尾羽を持っておりますが、残念ながらそちらは抜け落ちている羽が無かったため比べることはできませんでした。

タカに限らず、インコや水鳥、すべての動物達は住む場所や、食べる物、生活環境によってこういった体のつくりの違いがでてきます!それを踏まえたうえで当園の動物達を見てみると面白いかもしれませんね!


ご来園、お待ちしております!



フクロウ売店からのお知らせ
フクロウ売店ではバースデーカードを販売中!!
ココアちゃんからバースデーカードが届きます!お申込み随時受付中です♪
詳しくはこちらをご覧ください!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujigarden.blog120.fc2.com/tb.php/2188-996032ae