最近多い質問! 



みなさんこんにちは!!
バードスタッフ渡邊です(^^)

早いもので6月!この一年も半分終わってしまいましたね・・・
季節も移り変わり、だんだんと暑くなってきております。今年は猛暑になるといわれていますので、今から少し憂鬱です。

さて!今回はタイトルの通り、最近お客様からよく聞かれる疑問について紹介していこう思います(^-^)/

まずはコチラの写真をご覧ください・・・

1_20170605134220fda.jpg

ベンガルワシミミズクの『ランくん』です。
ランくんの足元に注目してください!見にくいと思いますので、アップがコチラになります。
2_20170605134223f3c.jpg

なにやら紐のようなものが出ているのお気付きですか?

これを見つけたお客様によく聞かれるのが、
「あれってフクロウさんの爪ですか?」とか「羽根が伸びてるんですか?」など聞かれます!
しかしこれは、フクロウさんにもともと付いているものではありません。

実はこれ、“フライングジェス”と呼ばれる、猛禽類のフライトには必要不可欠なものなんで!!

このフライングジェスは主にショーで飛んでいるフクロウさん達に付いています。
他にもふれあいに出ている子にも一部付いており、脚を一時的にグローブの上に固定する際に活用します。
脚に直接付いている訳ではなく、“アンクレット”と呼ばれる足輪のようなものに繋がっています。

3_201706051342233d7.jpg

またまた見にくいですが、脚に付いているのがアンクレットになります。

また、フクロウさんを外に出す際はフライングジェスだけでは不安です。何かの拍子にフクロウさんが暴れた時などに、ロスト(鳥が逃げてしまい帰ってこないこと)してしまう確立が高くなってしまうため、他にも装着するものがあります。
それがこちらです

4_201706051342186ed.jpg

左から 紐・スイベル・ジェス になります。
どのように着けるのかというと・・・

先ず、アンクレットの穴にジェスを通します。
この際フライングジェスをしっかりもちます!!
5_201706051342255a3.jpg6_20170605140959807.jpg

次に、ジェスの先端にあいている穴にスイベルを付けます。
7_2017060514100566a.jpg

最後にスイベルの丸い穴に紐を通して終了です!!
ちなみに撮影に協力してくれたのは、ナンベイヒナフクロウの『モグくん』でした(^^)
8_20170605141003a2e.jpg9_20170605141007a6b.jpg


ショー前のフクロウさんたちは、このように準備をしてから会場に出発していたのです!
シュー中は紐等が付いているとひっかかる可能性が出るため、外してフライングジェスのみで飛んでいます。

タイミングが良ければ、準備をしているフクロウさんを生で見られるかもしれません。
ご覧になりたい方はぜひ富士花鳥園へ!



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujigarden.blog120.fc2.com/tb.php/2638-0a451dc3