FC2ブログ

・アナホリフクロウの雛の成長・後半 

こんにちは、バードスタッフの、山下です。

暑い夏がやって来ましたね!
7月は猛暑で、鳥達や小動物やお花達、スタッフまでもバテバテです。

今回は、アナホリフクロウの雛の成長の様子の後半です。
丁度、孵化して(産まれて)から、3ヶ月が経ちました。

可愛い、雛ちゃんの成長の様子を前回の私のブログから、引き続きご覧下さいませ。

DSCF6903.jpg
お眼目がパッチリして来ました。
この頃が、丁度生後2週間です。
まだまだ、三角お眼目で、まん丸ではありませんでした。

お腹はまだ、羽根が生えておらず、ピンク色の皮膚が露わになっています。
脚の付け根の部分のポッコリ部分が、ご飯を食べた後です。
そのうが無いフクロウさんは、そのままお腹に入ります。
この頃は、脚の裏を軽く手で支えてあげると、かかと立ちを長い時間出来る様になりました。

DSCF6932.jpg

お眼目がぱっちりしてきた頃です。
眼の瞳孔(黒い部分)が最初は白いモヤみたいに掛かっていたのですが、
すっきり黒い色になって、周りの景色がくっきりと見えて来た頃です。

首を傾げながら、綺麗に見えて来た風景を、興味津々に覗いています。
翼の付け根付近の皮膚は、まだ露出していますが、羽根が段々と生えてきています。

DSCF6945.jpg
この様に、スラリッ☆と立てるように。
体よりも先に、脚が先に成長して、大人と変わらないサイズになっています。
大きな頭を支えられるように、立派な脚です。
脚が長く、頭が大きく、体が小さく・・・かなりアンバランスです。
この頃から、器の中での生活をしていましたが、、平たい地面での生活になりました。
脚で体が支えきれない時期に平たくすると、転んで脚が骨折したり、
脚の付け根が広がってしまい、奇形の脚で一生を過ごす事になってしまうからです。
・・・ですが!保温はまだまだ必要です。
これから、体重がどんどん増えてくる時期に入ります。

脚が立派になると、今度は胴体が大きくなってきます。

DSCF6988.jpg
・・・と同時に、耳の穴が広がってきます。
最初は、爪楊枝をプチッと刺した位の大きさの耳でしたが、段々と広がり始めました。
益々アナホリフクロウらしい色合いの顔つきになって来ました。

DSCF7008.jpg
正面の顔です。羽軸がツンツンとしています。
顔の中央である、嘴付近より、大人の羽根に生え変わって来ています。

頭の頂上にある、白っぽい埃みたいなのが、赤ちゃんの羽毛の綿羽です。
抜けるのではなく、新しく生えてくる羽に押し出されるように取れていくみたいで、
大人の羽根の換羽(抜け替わり)とは異なる様子です。

DSCF7003.jpg
胴体が大きく成長して来ました。
上記の写真と比べると、胴体の成長具合がバランスで、お分かりいただけるかと思います。
のど元はまだ皮膚が露出しておりますが、体の成長はほぼ終了になります。

ここからは、緩やかに体重が上がって来ます。
羽根が大人の羽根へとどんどん伸びて行き、他の箇所も大人の羽根に生えかわってきます。

DSCF7034.jpg
こちらが、生後一ヶ月のアナホリフクロウちゃん。
この日より、家に夜は持ち帰り、将来当園でどの様に活躍させるか
性格や個性を見極めたり、手に乗って餌を与えたり、
飛ぶ練習を部屋の中で行い、胸筋(飛ぶための筋肉)を鍛えたり、
会社では出来ない事を練習させています。
将来、当園のフクロウとして生活して行く上で、とても重要な調教になります。


綿羽が長くなり、皮膚の露出が無くなって来ました。
ここまで来ると、少し保温をしてあげれば大丈夫になりますので、皆さまの前にお披露目が出来ます。
お客様の前に出すのも、当園で生活して行く上で、非常に重要です。
これから雛ちゃんが生活をして行く環境に、雛ちゃんの時期から慣れさせる事です。
自立心が芽生える、生後3ヶ月(大人と変わらない姿)以降に新たな環境に慣れさせようとしても、
元々ひっそり1羽で基本生活をしているフクロウさんなので、慣れるのにも時間が掛かりますし、
ストレスも雛ちゃんの頃よりも、掛かってしまうので、雛ちゃんの頃から、色々な経験を積むのも非常に重要です。

生まれたばかりですと、自分で体温調節が出来ない為、
一定の保温が必要となり、成長と共に、温度を少しずつ下げていました。

公開してからは、雛ちゃんらしい姿を見る事があります。
雛ちゃんの時期に多く見られる
「アヒル寝」(地面にお腹をくっつけて究極のリラックスです。)
雛ちゃんにとって、長い時間立っているのは大変な為、このポーズを取る事があります。

アヒル寝の他にも、雛ちゃんの頃に良く見られる動きが、首をぐぅ~るぐると回す所です。
大人の姿のフクロウさんは、左右に首は動かしますが、雛ちゃんは左右と上下にも首を動かします。
未熟な雛ちゃんは、まだ上手に両眼で距離を掴むのが難しい為、首を上下に傾げることにより距離を測っているそうです。
大人の姿のフクロウさんは、距離を測る事が出来る様になっている為、上下には余り首を動かしたりしなくなります。
その両方を捕らえた写真が、こちらです。↓
DSCF7054.jpg
う~ん、かわいぃ~
雛ちゃんの時期だからこそ見られる姿です。
個人的で申し訳ないのですが、この姿が可愛くて仕方がありません。♥萌萌です♥

公開日より、沢山のお客様が、雛ちゃんの姿を見にご来園下さいまして、有難う御座います。
ご覧になられたお客様は、「かわいぃ~!」と言って下さっていました。
お陰様でスクスクと成長してくれました。

公開初日、TV取材の時に、温室に出した時の写真がこちらです。
IMG_0591_20180730202000716.jpg
・写真提供 チャーリー様・

まだ飛べないので、何も付けずに写真撮影が出来ます。
この後、一週間後にジャンプが出来るようになり、
2週間後には1m程、飛べるようになりました。

DSCF7173.jpg
この写真が、生まれてから丁度3ヶ月の、7月27日に撮影した現在の姿の写真です。
お腹の羽根がクリーム色だったのが、翼等と同じ模様にのど元より生えかわって来ました。
まだ少し赤ちゃんの綿羽が残っていますが、ほぼほぼ見た目も大人の姿です。
見比べてみると、大人の姿に近づいてきているなって感じます。

今は、紐を解す遊びが一番夢中で、ズボンの腰やパーカー等についている紐がお好みの様です。
他には、おもちゃの蛇やネズミに向かってアタック(狩りをしているつもり)したり、
上空をグルグル飛びながらおもちゃにアタックしたりするのが、楽しいみたいです。
一番のお気に入りのおもちゃは、ネズミみたいで、捕まえたら部屋の隙間に持っていって、
飽きるまで遊んでいます。
飽きたら、隙間から出てきます。(勿論、ネズミは隙間に置いたままです。)
本当は、紐を持って行きたいと嘴で咥えたり、脚で握って飛んで移動しようと試みますが、
いかんせん、人が着用しているから、
人という重しがあって何度チャレンジしても持っていけない・・・(´・_・`)

お腹が空くと、私が移動する度に、足元で餌鳴きしながらウロチョロしたり、
走って追いかけて来たり・・・。
餌を切ってもう直ぐにご飯が貰える時は、直ぐ後ろ迄寄って来て、
上目遣いで餌を貰うのを待っています。この姿が何とも可愛いくて、キュンキュンします
良く動き回り、アクティブな動きをする仔です。
これから、当園でどんな活躍を見せてくれるのか、今から楽しみです。
成長してくれて、有難う~!
これからも、当園のアイドルとして、お客様に可愛がって貰おうねっ★



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujigarden.blog120.fc2.com/tb.php/2797-280bbf94