FC2ブログ

フクシアの花のプチ疑問 

こんにちは^^

新人栽培スタッフの本田です。

 

本日はずっと気になっていたプチ疑問… 

フクシアの一部の品種で、一つの株に色が違う花が咲いているのはなぜだろう?

をちょっと調べてみました。


実際の様子(10月6日撮影)


シエラ・ブルーshou

フクシア: シエラ・ブルー


トシコ・カモshou
フクシア: トシコ・カモ

一つの株、同じ枝先についているのに、別の色が咲いている不思議…。


先輩スタッフに聞いたり、調べたりしてみた所、

初めからそれぞれの色で咲いている訳ではなく、咲き始めは青紫色っぽく、咲き終わりになると赤紫色っぽく花が変化しているとのこと・・・!!

それで、一つの株に色が違う花が鑑賞できる状態になるわけですね。

ちなみに、フクシアの一つの花は、咲き始めてからだいたい一週間ぐらいで咲き終わるので、たったの一週間で色が変化しているということですね 


そして、そもそもなぜ色の変化が起こるのか、ということも調べてみましたが…

結論からいうと、はっきりしたことは分かりませんでした…!


調べて分かったんですが、フクシアについて詳しく書かれた和書はなんと1冊のみ!
こちらはフクシアの栽培方法が中心の内容でしたので、残念ながら、“なぜ花の色が変化するのか”は書かれておらず…。

ただ、はっきりとは分かりませんが、植物が作る天然の色素、アントシアニンが関わっているだろう、とのこと。(アントシアニンは、紫外線からダメージを防いだり、ウイルスを予防したりする効果がある色素)


たとえば、花の色の変化で有名なスイフヨウは、咲き始めは白色、夕方しぼむ頃にはピンク色に変わります。
81fe1cbf8a933a560487ac51922f3a44_s.jpg7c84962062f78a1ba1264a50e0ed900f_s.jpg

※富士花鳥園にはスイフヨウはございません


こちらは、時間の経過と共に花弁の中のアントシアニンが増えるから起きる現象らしいです。

フクシアもおそらくこのアントシアニンが関わっているだろうと思われます。
どなたか研究されていたりしないかな…。


別名「女王様の耳飾り」と呼ばれるフクシア、色彩の豊かさの理由を一つ、改めて知ることができ、ますます好きになりました^^

当園にいらっしゃった際は、2色で咲いているフクシアを見つけてぜひ楽しんでくださいね♪


本田


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujigarden.blog120.fc2.com/tb.php/2979-f9b31e43