fc2ブログ

斑入りのフクシア 

こんにちは、植物スタッフの林です。
今日は、斑入りのフクシアを紹介したいと思います。
IMG_3109.jpg
斑入りとは、植物の葉の一部が葉緑素を失い、白や黄色などになる現象です。
斑入りの植物は古くから珍重されており、フクシアにも斑入りの品種があります。

当園にも、何種類かの斑入りのフクシアを展示してありますが、その中から、花売店で販売されている品種を、紹介いたします。

magellanica_tricolor.jpg
 マゼラニカ トリコローリー
白とピンク色の葉が特徴です。特に枝先の葉に、ピンク色が混ざります。


sanray.jpg
 サンレイ
濃いピンク色の花が咲く品種です。良く見ると葉の色が、白・薄緑・濃い緑と混ざっています。


golden _marinka
 ゴールデン・マリンカ
黄色い斑入りの葉が特徴です。赤い花に、黄色い葉のコントラストが映える品種です。


斑入りのフクシアは、枝が柔らかく垂れ下がりやすい為、ハンギングに仕立てる事が多いようです。斑入りだと見た目にも美しいので、花の咲かない時期でも、楽しむ事が出来るかと思います(^-^)

コメント

この冬の間、10種類ほどあるフクシアの置場は大事にしていた「フィン」と「シャインカール」を部屋の中に入れていました。他のはベランダにおきっぱなしにしていました。フクシアは意外と寒さには強かったりするんで、そうしているのですが、今回は「シャインカール」がここに着て弱ってきました。となりの「フィン」はどうということも無いのですが・・・
二つとも花芽があちこちにつき始めて喜んでいたのですが、シャインカールの方だけ葉がしんなりし始め、茎まで力なくたれてき始めたので、鉢から抜いて植え替えをし、上も悪そうなところを切ったのですが・・・この辺のところがよく判らないんですよね。
隣においてある「フィン」は何事も無く花芽もふくらんできて元気なんです。こういうことで駄目にしたりすることが結構あります。何が原因なんでしょうか

あけみさん、こんにちは。

フクシア担当のかたに聞いてみたところ、詳しい状況が分からない事と、株自体を見てみないと何とも言えないのですが、ちょっとした環境の変化でも、株を傷めてしまう事があります。
部屋へ入れていたとの事なので、日照不足や、暖房による乾燥・高温などが原因かもしれません。

シャインカールだけが弱ってきたとの事ですが、元々何らかの原因で株が弱りかけていたのかもしれないのですが、品種によっては、多少、耐性に違いがあるようなので、それが関係しているのかもしれません。

また、株が弱っている時には、無理に植替えをせず、剪定だけをして、様子を見たほうが良いそうです。もし植え替えるのでしたら、根はほぐさないようにして下さい。
その後は、肥料を与えずに、明るくて涼しい、風通しの良いところで、様子を見てあげて下さい。
活力剤を施してあげると、良いかもしれないですね。

適切なアドバイスが出来ないのですが、株が持ち直して、元気になってくれると良いですね(^-^)

  • [2009/06/25 14:46]
  • URL |
  • 植物スタッフ林
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujigarden.blog120.fc2.com/tb.php/448-913baa2d