fc2ブログ

ヨツバヒヨドリ 

園庭に咲く植物 Vol.21
080726-6.jpgヨツバヒヨドリ(四葉鵯) 学名:Eupatorium chinense subsp. sachalinense 
キク科 フジバカマ属

080726.jpg 
サワヒヨドリ(沢鵯)、フジバカマ(藤袴)、ヒヨドリバナ(鵯花)の花は互いによく似ていて区別がつけにくいですが、葉のつき方、葉の切れ込みを見れば判断しやすいと思います。ヨツバヒヨドリの場合、葉が3?5枚輪生するのが特徴です。

080726-2.jpg咲き出しの頃です。

080726-1.jpg
Eupatorium (ユーパトリウム) は、紀元前1世紀(132-63)の小アジア地方のポンタスの王 Mithridates Eupator 「ミトリダテス ユーパトール」 の名前にちなんだもので、ミトリダテス王は、フジバカマ属の植物を毒薬として最後に仰いだそうですが、常に政敵から命を狙われる立場にあり、日頃から毒薬を服用して耐性を身に付けていた為に死に至らず、苦しんだ末に部下に命を絶たせたというエピソードがあります。
参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

080726-5.jpgヨツバヒヨドリの名は、ヒヨドリが山から下りてきて鳴く頃に咲く花 「ヒヨドリバナ」 の変種として考えられ、輪生する四つ葉の特徴が名前につけられたと思います。

080726-4.jpg吸蜜植物で、チョウ、ハチ、アリなどが集まってきます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujigarden.blog120.fc2.com/tb.php/86-0291b701