お正月のバードショーの様子 

皆さんこんにちは!バードスタッフの村野です。

本日はお正月のバードショーの様子をお伝えしたいと思います。


IMG_3190.jpg
富士花鳥園最大の魅力と言ったらやはり雄大な富士山を背景に、タカやフクロウがお客様のすぐ近くを飛んだりするところを間近でご覧いただけるところです!

IMG_3213_20130101144827.jpg
この日はお正月ということもあり、たくさんのお客様にショーを観に来ていただきました。富士山を背景に行うショーですので、1番手のモンジュちゃんはタカのため「いちふじ」「にたか」、そして最後に空中に放り投げたナスビのぬいぐるみをモンジュちゃんがキャッチすることで「さんなすび」と、とても縁起の良いショーをお送りすることが出来ました。


IMG_3212_20130101144825.jpg
しかしナスビをキャッチした後、そのナスビをショーを行っていた私のところまで持ってくるのを忘れてしまい、すぐ横にあるエミュー牧場の屋根にナスビを置いてきてしまったりと、ちょっとおっちょこちょいなモンジュちゃん。

IMG_3216_20130101144827.jpg
2番手のベンガルワシミミズクのチャッピーくんもお客様のすぐ近くを飛んだり、精悍(せいかん)な顔つきのモンジュちゃんとは対照的に、可愛らしいお顔で皆様に愛嬌を振りまいたりとモンジュちゃんとは違ったショーをお送りしました。


IMG_3226.jpg
ショーが終わった後のモンジュちゃん。
「次は忘れないで持っていくわよ」とでも言っているような感じでした。


バードショーは毎日行っておりますので、どうぞお気軽にお越しください!
ご来園お待ちしております。


バードショー、開催場所変更のお知らせ 

皆さんこんにちは。バードスタッフの宮田です。
昨日、今日位から仕事始めという方も多いのではないでしょうか。
お正月明けの仕事は中々大変ですが、皆さん頑張っていきましょう!

今回のブログでは、13時30分から行っているバードショーの開催場所が屋外から屋内へ、もう間もなく変更になりますので、お知らせも兼ねて現在行っている屋外ショーの様子をご覧頂きたいと思います。


13:30分から行っているバードショーは、現在悪天候の日を除き屋外で行っています。
まず登場してくれるのは フクロウ です。
ちょっととぼけた様な、愛嬌のある表情。
飛び方もふわふわと、のんびりしているので、
「可愛い!」とお客様に人気のフクロウですが・・・
1時ショーフクロウ1



フクロウの羽は特殊な構造をしており、羽ばたいてもほとんど音がしません。
その為気づいたらこんなに近くまで迫っているかも・・・!
狩られる獲物の気持ちが分かるかもしれません。
1時ショーフクロウ2



そしてこちらは タカ です。
当園で扱っているタカは、主に森の中で暮らしている種類なので、狭い場所や物と物の間を飛ぶのが得意です。
こんな風にお客様の近く、ギリギリを飛んでも、ご安心下さい!
当たる事は、『たまにしか』ありませんので(笑)
1時ショータカ2



屋外のショー会場からは、晴れていると雄大な富士山をすぐ近くに臨む事が出来ます。
これが屋外ショーの醍醐味です!
運が良ければこんな風に、タカの後方に富士山という、縁起の良い写真を撮ることが出来るかも・・・
お正月の風物詩、1.富士 2.タカ のコラボが見れるなんて、なかなか贅沢なシチュエーションでしょう?
1時ショータカ1



そして、なんと言っても屋外ショー最大の醍醐味といえば、 ハヤブサ が見れる事です!
急降下する時には最大時速200~300キロ位まで達するとも言われ、
スタッフの振り回すルアー(疑似餌)目掛けて高速で飛びかかって行く様は、圧巻の一言です
1時ショーハヤブサ2



富士山の稜線に沿って飛ぶ姿は野性味があって、とても美しい眺めです。
高速で飛ぶハヤブサを写真に撮るのはとても難かしいですが、是非トライしてみて下さいね!1時ショーハヤブサ1



そして本日までのお正月限定イベントとして、1月1日より 『タカとの記念撮影』 を行っています
1回200円でタカと一緒にお正月の記念写真を撮ることが出来ます。
ちなみにこの写真ではうまく写りこんでいないのですが、後方に富士山も見えています。
ナスビ、富士山の頭飾りは貸し出していますので、是非1.富士 2.タカ 3.ナスビと、お正月の風物詩を並べて撮ってみてくださいね。
(お手持ちのカメラでの撮影です。ご了承下さい。)
『タカとの記念撮影』は本日(1月5日)までの限定イベントです。
ギリギリですが、お越しの際は是非ご参加下さい。
この豪華なコラボで、年の初めから縁起を担ぎましょう!
※悪天候や鳥の体調次第で無くなったり変更になる場合がございます、悪しからずご了承下さい。
1時ショー記念写真
13:30からのショーは1月9日まで、天候の良い日は屋外ショー会場で行います。
その後1月10日~3月上旬位までは屋内のショー会場にて行います。
屋外でのショーも残りわずか!
1月9日までに当園へお越しの際は、是非13:30からの屋外ショーをご覧下さい

13時30分のショーの様子 

こんにちは、バードスタッフの山下です。

本日は、冬季の13時30分のバードショーについてご紹介したいと思います。

1月の連休明け位から、3月の春休み辺りまで、当園では温室の中にて13時30分のショーを行っております。
冬季以外は、外のエミュー牧場奥の池辺りでショーを行っておりますが、
冬季は、温度が下がりお客様が寒い思いをする為、温室の中のフクロウショー会場にて行っております。

ショーに出演している鳥達は、冬季以外の外のショーで出演している子達です。

IMG_8979_20110207134921.jpg
只今出演中の鳥は、タカの仲間のハリスホーク、『ムックちゃん』と、

IMG_8597.jpg
フクロウの仲間のベンガルワシミミズク、『モニョちゃん』です。

外のショーでも、雨が降っていたりすると、温室の中でショーを行っておりますので、
ムックちゃんも、モニョちゃんも温室の中で飛行する事は慣れっこの子達です。

一番手は、ムックちゃんです。
ショー会場内に設置している各止まり木からお客様の頭上を通過してスタッフの元へと飛ばしております。

IMG_8586.jpg
この様に、お客様の間近でスタッフのグローブに止まってくれます。
流石は昼の猛禽類のタカです。スピードと反応が早いです。
飛び始めたかと思えば、スタッフのグローブに乗っているぐらいです。
ハリスホークでトップスピードが80キロといわれています。それでも、他の昼の猛禽類に比べて遅い方です。
スピード感満載です。
お客様の頭上を通過しますので、獲物が掴まる目線でお楽しみいただけると思いますよ!

今度は、グローブに止まる瞬間です。翼を広げた状態です。
止まる手前は、この様に翼を広げます。
IMG_8580_20110207131100.jpg
尾羽も広がっています。尾羽を広げて、ブレーキを掛けています。
スピードがある為、「ドンッ!」と乗っているように見えますが、
翼や尾羽を広げてスピードを緩めて見た目とは異なり、「トンッ!」と優しく乗ってくれます。

尾羽には鈴も付いています。
これは、木の上に止まった時に鈴の音を頼りにムックちゃんの居場所を特定する為に役立たせます。
温室の中でもたまに上の梁に止まることもあります。
ベコニアに紛れて見えにくい時など役に立ちます。

二番手は、モニョちゃんです。
モニョちゃんもスタッフのグローブに乗る瞬間です。
IMG_8592.jpg
ムックちゃん同様、翼と尾羽を広げているのがお分かりいただけるかと思います。
翼はムックちゃんに比べると大きく、尾羽はムックちゃんに比べると短いです。
翼を畳むと、尾羽が見えないほどです。

ムックちゃん、ハリスホークは、木々の中で生活しています。木々の間の狭いところを通過する時、
翼を引っ込めて当たらないように通過しています。
飛行技術を上げるのに、長い尾羽が役に立ちます。

又、フクロウは木の枝で夜、獲物を待ち、捕まえる時、木の枝から滑空する際に、
翼が大きいと滑空を上手に行えるからです。

モニョちゃんのショーでの飛行姿を動画にて撮りましたので、どうぞご覧下さい。


この様に、お客様の頭上を通過してムックちゃん同様、モニョちゃんも飛行してくれます。
ムックちゃんはシャープな飛び方なのですが、モニョちゃんは、フワフワした飛び方をします。

同じ肉食の猛禽類ですが、昼と夜で生活を分けて入いるタカとフクロウでは飛び方が異なります。

本日の最後のショットは壺から飛んだ瞬間のムックちゃんです。
思いっきり足を蹴って飛び立ちます。
IMG_8588.jpg
温室のショーは屋外のショーに比べて距離が短いですが、
外のショーに比べて、もっと間近でタカとフクロウが飛ぶ姿をご覧いただけるかと思います。
まだまだ寒い日が続きますが、毎日ショーを行っておりますので、是非当園に遊びに来て下さいねっ☆


冬季のショーのご案内 

皆様、こんにちは。 バードスタッフの山下です。

本日は、冬季のショーについてご紹介したいと思います。

当園のショーの時間は、10時30分・15時にフクロウショーを温室にて行い、
11時30分・13時30分は、外のショー会場にて行っていましたが、
当園では、1月の11日より、3月の中旬?下旬の春休み前迄の冬季は、
お客様が座って御覧になられるには外では寒い為、冬季は温室の中でショーを行っています。

11時30分のショーは、タカ・フクロウの猛禽類達が夏期は頑張っているのですが、
当園の冬期は、猛禽類達とは別の種類の鳥達が出演しております。
将来、ショーを行うことを目標とした調教風景をお客様に御覧頂いております。

11時30分に出る鳥達は主に、マガモ・オオハナインコ・コガネメキシコインコとなっております。
この3羽の調教の段階はといいますと、
マガモは、お客様が広場で鈴を鳴らし、鈴の音の元へとマガモが来る様に教えている最中です。

今までは、スタッフが鳴らした鈴の音でスタッフの方までマガモちゃん達が来ていましたが、
撮影日は実際にお客様に鈴を鳴らして来る、次の段階の調教でした。

次の段階の初めての調教でしたが、鈴を鳴らしてくれたお客様の下へやってきてくれました。
IMG_8563.jpg
鈴を鳴らしてくれたお客様に、こんなに接近してマガモちゃん達が寄ってきますよ。

このマガモちゃんは、去年当園で誕生した子供です。

そして、去年の冬季、お客様の腕乗せで頑張ってくれたオオハナインコの『もんたくん』は
1年間特訓して来た練習をお客様に披露しております。

スタッフが見せた同じ色のカードを銜えて持って来るというものです。

IMG_8572.jpg

今日は赤色のカードを見せていました。他のカードを持って来ること無く、
完璧にやりこなしておりました。

偉いぞ、もんたくん!

今度は今年の11時30分の鳥の触れ合いに仲間入りした、
コガネメキシコインコ『こがちゃん』の調教は、お客様の方へと飛んで来る練習です。
IMG_8568.jpg

お客様の方へ飛んでいきます。

やった、見事に乗ってくれました。
手のひらの上にあったヒマワリの種をおいしく食べております。
IMG_8569_20110123154849.jpg


こがちゃんは、飛行練習を行ってから日にちが浅いのですが(調教開始から2?3週間くらいです。)
お客様の元へと飛んできてくれました。違うお客様の元へ飛ぶ事も多いのですが、
これから練習を重ねて、指示した人の方へ飛んで行くように、日々調教をして行きたいと思っております。


又、オオハナインコの『もんたくん』・コガネメキシコインコの『こがちゃん』は、
お客様の腕に乗せてお写真を撮る事も出来ます。お気軽に乗せてみて下さいね!

アオボウシインコの『あ?ちゃん』も出せる日は出して、お客様の前で言葉数は少ないのですが、
お喋りなどしています。

13時30分のショーは、猛禽類達のショーとなっております。
当園の夏季のショーでお馴染みのハリスホークの『ムックちゃん』と、
ベンガルワシミミズクの『モニョちゃん』が頑張っています。

IMG_8589.jpg

当園では、雨天の日は温室内で全てのショーを行っている為、
ムックちゃんもモニョちゃんも温室内でのショーは馴れっ子です。
外のショーと変わらず、お客様の前や頭上をヒョイヒョイと狭い間を飛行して行きます。

IMG_8584.jpg

外のショーとは異なり,お客様の頭上を横断して飛行したり、
短い距離からお客様の方へ真っ直ぐ向って飛んできます。
獲物の目線が分かるかもしれませんね。
ショー会場は外に比べて狭くて低い分、お客様の間近を飛ぶ迫力は外よりあるかもしれません。

狭い間を飛ばす為、
ショー中は木の椅子に座って御覧下さいます様、ご協力を宜しくお願い致します。

外の13時30分のショーで夏期頑張っていた、
セイカーハヤブサの『テツくん』はと言いますと、
かなり高い位置、広く旋回して飛行する為、温室の高さですと飛べず、
残念ながらショーで飛ばすことは出来ませんが、毎日ひっそりと練習を行っております。

IMG_8609.jpg

13時30分のショーの後に温室外のエミュー牧場まで足をお運びいただければ、
運が良ければ、テツくんの飛行している姿が御覧頂けるかもしれません。
春先の外のショーをいつでも出来る様に、日々練習です。
実は、夏季よりも、冬季の方が富士山が綺麗に見えるんですよ。
夏はどうしても霧の影響で、雲で富士山が隠れたりしますが、
冬は天気だと雲が1つも無く、雪化粧をした綺麗な富士山御覧いただけますよ。
撮影日は残念ながら、雲が出ておりました。
上手く行けば富士山をバッグにしたテツくんが撮影出来るかもしれません。
スピードが速いので撮影は難しいので、撮り甲斐がありますよ!

冬季限定と言えば、10時30分からのフクロウショーは、
シロフクロウの『キタロウくん』が出演中です。
大分雄らしく、白色の羽根になって来ました。

IMG_8541_20110123154851.jpg


冬季のショーは夏季とは異なりますが、色々な種類の鳥達が温室の中で頑張っています。
寒い季節、短期間では御座いますが、見に来て下さいねっ☆

連休中のバードショー 

皆さんこんにちは。バードスタッフの宮田です。
最近急に寒くなって、秋というよりも冬を感じる今日この頃です。

今日は、先日の連休中のバードショー風景をご覧頂きたいと思います。


IMG_6382.jpg
まずフクロウショーの様子からご覧下さい。
沢山のお客様がショーを観に来て下さいました。



IMG_6384.jpg
1番手に出てきてくれたのは、ベンガルワシミミズクのサクラ君です。
高めの位置から格好良く登場してくれ、フワフワとした優雅な動きでお客様を楽しませてくれました。




IMG_6401.jpg
続いてクロワシミミズクのゴン君が登場しました。
クロワシミミズクは当園でも1・2を争う大きなフクロウです。
翼を広げたときの姿は圧巻。
お客様もその大きさにビックリされたようです。
しかし体つきに似合わず少しとぼけた顔立ちと、高めの鳴き声はとっても可愛いんですよ。



IMG_6405.jpg
サクラちゃん、ゴン君はお客様の近くを飛んで楽しませてくれました。
次に出てきてくれたのは歩く姿がユーモラスな、ベンガルワシミミズクのヒュウちゃんです。
実はフクロウさん、歩くのも得意なんです。
ショー会場をチョコチョコ歩く姿に、お客様も思わず顔をほころばせていらっしゃいました。



IMG_6418.jpg
続いて、屋外のバードショーの様子をご覧下さい。
秋晴れの気持ち良い天気の中、フクロウショー同様沢山のお客様がいらっしゃいました。



IMG_6424.jpg
最初に頑張ってくれたのは、ハリスホークのシグレ君です。
頭上ギリギリを飛ぶので、まるで自分がシグレ君の獲物になったかの様なスリルを味わえます。
シグレ君がお客様の近くを飛ぶたびに歓声があがって、とても賑やかなショーでした。



IMG_6453.jpg
2番手に登場したのは、ベンガルワシミミズクのもにょ君です。
シャープな印象のハリスホークに比べ、フクロウはのんびりマイペース。
「おなかが空いたよー」と餌をねだる声と愛嬌のある顔立ちで、お客様の笑いを誘っていました。
連休中は終始とても賑やかで、活気のあるショーとなりました。
今は連休も終わり落ち着いた雰囲気ですが、鳥達はいつも頑張ってショーを盛り上げてくれています。
富士花鳥園にお越しの際は是非、そんな鳥達を見に来てやって下さい。