不思議な顔... 

こんにちは!バードスタッフの田上です。

3月のがもう終わりに近づいているにもかかわらず、寒さが続きます。
服装に悩んでしまいますね...(;_;)

今回は、当園にいるメンフクロウの仲間たちを見てみましょう。

現在、3種類のメンフクロウが展示されています。
まずはお馴染みの...
IMG_1306_2017032815400981c.jpg


そうです!
メンフクロウです!

見たことある..!という方もいらっしゃるかもしれません(^∇^)
色も白という事でとても明るいですね。

さて、そのお隣にいるのが...
IMG_1305_201703281530414db.jpg



なにやら次は暗い色合いになってしまいました。
こちらが、ハイガオメンフクロウといいます。
先ほどの子と比べると色だけが違った形になっていますね。
とてもかっこいいです。


そしてもう一羽、あまり見たことがないという方も多いかと思います。
IMG_1304_201703281540368f5.jpg



とても面白い顔をしていますよ!
こちらは、ニセメンフクロウといいます。
時には怖い...なんて言われてしまう事も(´・_・`)

このフクロウはかなり珍しい種類となっているんです!


いかがだったでしょうか。
メンフクロウにもいろんな種類があったんですね。

この子たちがいるところは、フクロウ展示場に展示されています。

IMG_1308_20170328154355d1f.jpg


このように並んでおります^^
是非このメンフクロウたちに会いに来てください。

屋外ショー! 

こんにちは、設備スタッフの津田です。

皆様、長らくお待たせいたしました。
本日より、13時30分からの屋外ショーを再開します!
※晴天時のみ

鳥インフルエンザの流行を受けて、対策として屋外施設を閉鎖していましたが
ようやく収束の兆しが見えたこと、また気温も上昇してきたことから
エミュー牧場、屋外ショー会場周辺も開放いたします。

(屋外の鳥との触れ合いは、まだ念の為制限させていただきます)

ショー
屋外ショーの練習も大詰めです♪




また、現在当園屋外エリア、クリンソウ畑付近の拡張工事を行っています。

全体

ヒノキ林を切り拓き日当たりをよくしています。
また広げたスペースにはクリンソウを始めとした花を植え、屋外スペースの彩りを増す予定です。

根

木を切り倒し、根を掘って地面をならして…全部当園スタッフのお仕事です(笑)


現在工事中のため、立ち入りを制限させていただいています。
当園屋外エリアがどんな風に生まれ変わるのか、ご期待ください!




丸太

良質なヒノキの丸太がいっぱい。
こちらも有効活用していきます♪

もうすぐ25周年 

久しぶりに記事を担当することになりました園長の星野です。

開業から26年目を迎えるにあたり、当時の写真と共に発足の経緯を少し紹介したいと思います。

富士花鳥園は平成4年4月30日に 「富士国際花園」 として開園しました。

img-321091919eb.jpg
(当時の様子) 開園式の挨拶 加茂会長(当時社長) 

富士国際花園は、加茂花菖蒲園(現:加茂荘花鳥園)の分園としてこの地に開業しましたが、花菖蒲園というシーズン1か月間だけの観光園芸スタイルに限界を感じ、富士山麓朝霧高原の標高888mに10万㎡の用地を借り、8000㎡の大温室内を周年満開にさせる年間営業に移行を図りました。

IMG_5523a.jpg
(現在の様子) フクシアの巨大ひな壇を経て、ペンギンプールに様変わりしました



img-321091919fa.jpg
(当時の様子) 消防用水利の100トンプール 

何故888mの高原を選んだか? は、花産業の最も進んだ北欧、北米の気候条件で日本最高の花栽培を実現させたかったからです。
北欧の花は日本で見られない美しさに満ちており、その姿を日本でも実現させようと考え、富士山麓を選びました。
それが富士花鳥園の発端です。

IMG_5526a.jpg
(現在の様子) 植生が進みオアシス化したプール

北欧の気候は夏期に冷涼であり、日本の夏の暑さを避けるには富士山麓が最も適切であり、生命維持や産業活動に必要な水資源が豊富なことから、富士宮市の誘致を受けて、1989年(平成元年)に着工し、4年の工期を経て開園しました。


●マーちゃんの誕生日イベントは、マーちゃんとのふれあいです● 

おはようございます。バードスタッフの山下です。

3月18日~3月20日の3連休のみ、
世界でも最大クラスの大きさを誇る、
“ワシミミズク”【マーちゃん】のふれあいを実施中です(^-^*)ノ

DSCF0927.jpg

マーちゃんを腕に実際に乗せて、
その後、マーちゃんの頭を優しく触ることが出来ます。

DSCF0929.jpg

マーちゃんは、3月21日にお誕生日を迎えます。
マーちゃんのお誕生日イベントとして、ふれあいを行います。

DSCF0931_2016042516582408a.jpg

期間限定のみで出しているフクロウで、ふれあえる時間は、13時30分のバードショーの後になります。
大人のお客様限定で、お一人様、¥500にて行います。
14時15分頃には、並んでいらっしゃるお客様にもよりますが、
受付を終了する可能性が御座いますので、
マーちゃんとのふれあいをご希望のお客様は、
14時迄には温室内のショー会場にお越し頂きます様、宜しくお願い致します。

当園にお越しの記念に、是非当園のフクロウのふれあいをお楽しみくださいませ。

※マーちゃんの当日の体調、及び、水浴び等により、
ふれあいが中止になる可能性も御座います。
※マーちゃんの当日の様子により、早目にふれあいを終了する可能性も御座います。
※15時のバードショーが始まる関係上、準備等の為、
最長14時30分には、受付を終了させて頂きます。
※非常にデリケートで重たいマーちゃんは、お子様では持ちきれません。
その為、大人のお客様限定とさせて頂きます。
※ふれあいをする際は、スタッフの指示に従って、ふれあいをお楽しみ下さいませ。

意外な生息地 

皆さんこんにちは!
バードスタッフの鈴木です。

3月になりだいぶ暖かくなりましたね!
しかし皆さん花粉が飛ぶ季節ですので、
花粉症の方は、十分気をつけてください。

さて今回は、当園の鳥の中で、一番泳ぎが得意な
鳥さんをご紹介したいと思います。

DSC_9369.jpg

ケープペンギンです!

ここでみなさんはひとつ疑問に思う方も、もしかしたら
いるのではないでしょうか?
「あれ?ペンギンって寒いところに住んでるんじゃないの?」
「温室の中で大丈夫なの?」

と、思われた方いませんか?

もちろんほとんどのペンギンは南極など寒いところに
生息していますが、ケープペンギンはアフリカ南部
生息しているので、温室の中でも平気なんです!!
DSC_9370.jpg

またなぜ水に沈まずに泳げるのかというと、
実は尾羽に秘密があるんです。
DSC_9374.jpg

よくお尻をふりふりしているイメージがあると思いますが、
振ることでおしりにある尾脂腺というところから脂がでて、
それを体全体に塗りつけることで、沈まずに
泳ぐことができるんです!
DSC_9376.jpg

いかがだったでしょうか?
ペンギンに少しでも興味を持っていただけた
でしょうか?
DSC_9375.jpg
なんとこのペンギンたちには、エサ(アジ)もあげることが
できるので、ぜひ当園に来た際はあげてみてください!

お待ちしております。